« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第168回 暴排条例施行で同業者を売っているBプロオーナー!?」 | トップページ | <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第169回 清純派仮面・酒井法子復帰に暗雲!?」 »

2011.12.05

「オリンパス」損失隠しで浮かび上がった、「NOVA」株横領「反社」人脈の接点

「オリンパス」損失隠しで浮かび上がる、そのためにたくさんのファンドを用意した複数の元証券マンの「反社」人脈ーーそのなかでも、旧「ジェイ・ブリッジ」(JB。現アジア・アライアンス・ホールディングス)の桝澤徹元社長らの役割は大きいと見られるが、本紙はそのグループで、旧ジェイ・ブリッジの副社長まで務めた山本健一郎氏が、同じく今回のオリンパスの件で注目されている濱田雅行氏(オリンパスのジャイラス買収に関わった佐川肇氏と仲間)が横領した「NOVA」株を売却した際、その仲介をしていたことを、証拠の内部文書付きで11月12日にスッパ抜いている。濱田氏が、NOVA社長だった猿渡望氏から預かっていた同株約330万株を1億4890万円で売却したのは07年7月30日のこと。その際は、なぜ、NOVA売却の仲介に山本氏が関わるのか不明だったが、その後の取材で判明したので報告する。山本氏はジャスダックに上場していた「タスコシステム」社長に06年12月に就任する。JBが企業再生を引き受けていた相手企業だった関係からだが、関係者によれば、濱田氏はそれ以前から、タスコの“ファイナンス・アドバイザー”としてタスコに出入りしていたという。その流れの中で、濱田氏と山本氏は仲良くなり、NOVA株の現金化に協力することになったようだ。本紙は、濱田氏がタスコの増資にどのように関わっていたのか、具体的に把握した。その結果、濱田氏は増資引き受け先を連れて来る代わりに、同じく他の“危ない上場企業”の株式購入をバーターでやらすなど、相手の弱みに付け込み、2度美味しい思いをするなど、自分の儲けのためなら手段を選ばないやり手の金融ブローカー的側面を持っていることがわかった。その側面は、今回のオリンパス事件でも発揮していた可能性もあり、実に興味深い。
2011年12月5日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第168回 暴排条例施行で同業者を売っているBプロオーナー!?」 | トップページ | <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第169回 清純派仮面・酒井法子復帰に暗雲!?」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/53408402

この記事へのトラックバック一覧です: 「オリンパス」損失隠しで浮かび上がった、「NOVA」株横領「反社」人脈の接点:

« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第168回 暴排条例施行で同業者を売っているBプロオーナー!?」 | トップページ | <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第169回 清純派仮面・酒井法子復帰に暗雲!?」 »