« 銀行取引停止後も営業を続ける、乗っ取りグループに食われた「グラフ社」のウルトラC | トップページ | 緊急連載:政府関係者激白②「原発事故は収束」は大嘘 »

2011.12.17

「イー・キャッシュ」、臨時総会を請求した株主の意外な職歴

 これまで本紙はマザーズ上場のIT系企業「イー・キャッシュ」(東京都渋谷区)の様々な疑惑や内紛について報じて来たが、ここに来てまた新たな動きがあった。12月9日、イー・キャッシュは、3人の株主が臨時株主総会の招集の請求をしたとIRした。総会の目的たる事項は、取締役の赤尾伸悟氏と監査役の鼓昭雄氏の解任だった。解任理由は、業務運営上、適任でないと判断したためとされる。だが、この2人はまだ今年6月22日に就任したばかりで、特別何かがあったとは聞かない。また、本紙既報のように、同社で内紛が起き、大株主の宮崎淳氏が今年10月19日、玉木栄三郎社長と小山静雄取締役を解任すべく臨時株主総会の招集を求め、すでに来年1月12日に開催日が決定している。これら事実を思うと、今回の2人の解任要求は、玉木社長側の意を受けた株主が行ったことで、玉木社長側が反撃に出たものと思わないわけにはいかない。その3人の株主は榎淳一郎氏、鵜沢茂郎氏、船本通生氏。そのうちの2人は、ある意味、実に有名な当人であるようなのだ。
 2011年12月16日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 銀行取引停止後も営業を続ける、乗っ取りグループに食われた「グラフ社」のウルトラC | トップページ | 緊急連載:政府関係者激白②「原発事故は収束」は大嘘 »

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 履歴書の職歴 | 2011.12.21 10:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/53500999

この記事へのトラックバック一覧です: 「イー・キャッシュ」、臨時総会を請求した株主の意外な職歴:

« 銀行取引停止後も営業を続ける、乗っ取りグループに食われた「グラフ社」のウルトラC | トップページ | 緊急連載:政府関係者激白②「原発事故は収束」は大嘘 »