« 逮捕された投資詐欺首謀者と、あの塩田大介氏との意外な接点 | トップページ | 「イー・キャッシュ」、臨時総会を請求した株主の意外な職歴 »

2011.12.16

銀行取引停止後も営業を続ける、乗っ取りグループに食われた「グラフ社」のウルトラC

「グラフ社」(東京都渋谷区)といえば、料理や手芸の実用書に加え、本田宗一郎氏の告白本も出すなど、それなりに知られた出版社だ。だが、東証1部に上場していた「シルバー精工」同様、“渋沢グループ”傘下に入ると経営は急激に悪化。シルバー精工は彼らが去ってほどない昨年12月28日、倒産に至ったのは本紙でも既報の通り。というのも、彼らは傘下に入れた企業の資産を食うのが目的。シルバー精工にあっては、「創研」というほとんど価値のない会社を実に39億円もの価格で買わせたのがその典型だ。一方、グラフ社においても06年3月、本社ビルを売却させられている。そんななか、本紙では08年4月、グラフ社もこのままでは危ないという記事を書いているが、そのグラフ社の最新情報が入って来たのでお伝えする。しかも、実はあっと驚くような事実があったのだ。
 2011年12月15日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 逮捕された投資詐欺首謀者と、あの塩田大介氏との意外な接点 | トップページ | 「イー・キャッシュ」、臨時総会を請求した株主の意外な職歴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/53494233

この記事へのトラックバック一覧です: 銀行取引停止後も営業を続ける、乗っ取りグループに食われた「グラフ社」のウルトラC:

« 逮捕された投資詐欺首謀者と、あの塩田大介氏との意外な接点 | トップページ | 「イー・キャッシュ」、臨時総会を請求した株主の意外な職歴 »