« アフリカ人の金取引装った詐欺話にご注意! | トップページ | *翌日に一部記事訂正あり:年明けには第2弾本丸へーー「井上工業」架空増資事件、元社長ら処分保留だが »

2011.12.12

負債4300億円ーー「安愚楽牧場」延命の陰にJAや農水官僚、族議員

 今年の大型倒産の一つに、和牛商法の元祖「安愚楽牧場」(栃木県那須塩原市)が挙げられる。負債は実に4300億円。今年8月に民事再生を申請したが認められず、破産手続きに移行している。全国7万人以上が、年利10%という高配当を謳ったこの商法に飛びつき出資したが、破産手続きにより戻って来る配当は、利子がつかないどころか、出資金の数%と見られる。この和牛商法、バブル崩壊後の低金利政策の下、90年辺りから続々登場。それを先取りし、最も古い81年12月に創業。そして最も大規模だった(9万頭以上)のが安愚楽だった。すでに90年代半ば過ぎには多くの和牛商法を採用した牧場は経営破たん、ないしは事件化。和牛商法=詐欺商法であることが証明されたが、安愚楽だけは別格とされ、今年まで営業を続けて来ていた。だが、この安愚楽とて、公表されている分と実際に飼育していた和牛の数に大きな差があり(6割。「熊本日日新聞」12月1日記事)、しょせん程度問題で、同じく詐欺商法だった実態が明らかになって来ている。が、それにしても、同じ商法の別会社が完全に淘汰されるなか、なぜ、安愚楽だけがいままで持ち、出資者がそれなりに付いたのか!? それは安愚楽だけが別格だったからではなく、同社の陰にJA(農協)幹部や農水官僚、農水族議員が見え隠れするのだ。
2011年12月12日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« アフリカ人の金取引装った詐欺話にご注意! | トップページ | *翌日に一部記事訂正あり:年明けには第2弾本丸へーー「井上工業」架空増資事件、元社長ら処分保留だが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/53471444

この記事へのトラックバック一覧です: 負債4300億円ーー「安愚楽牧場」延命の陰にJAや農水官僚、族議員:

» 安愚楽牧場の破産手続き開始を決定 東京地裁~現時点では配当の見込みは不明ではあるが。 [リプラス情報収集組合〜不動産投資・倒産・過払い金・被災被害者情報・社会人サークル]
安愚楽牧場の破産手続きが開始されたとのことです。 これらによると、第一回の債権者集会(正式な名称は「財産状況報告集会」)は2012年5月30日で場所は裁判所のそばの日比谷公会堂ということです。  債権者が多い事件に関しては通常はこの日比谷公開堂をつかっておこなう…... [続きを読む]

受信: 2011.12.13 11:36

« アフリカ人の金取引装った詐欺話にご注意! | トップページ | *翌日に一部記事訂正あり:年明けには第2弾本丸へーー「井上工業」架空増資事件、元社長ら処分保留だが »