« <ミニ情報>あの旧「ジェイ・ブリッジ」元社長が写真週刊誌に登場!? | トップページ | <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第168回 暴排条例施行で同業者を売っているBプロオーナー!?」 »

2011.12.03

東理HD増資、元会長に無罪判決を出した裁判長の「評判」

 東証2部、「東理ホールディングス」(東京都中央区)の増資を巡り、特別背任罪に問われていた同社元会長、福村康廣被告(55)に東京地裁は11月30日無罪(求刑は懲役5年)を言い渡した。本紙はこの判決につき、疑問との「主張」を掲載したところ、読者から、「よく書いてくれた」旨の励ましの連絡が来た。「増資元を連れて来る手数料を、社長が3割近くも、それもダミー会社を使って受け取り、それで無罪? 手数料は異常に高いし、資金が集まらないなら無理をして集めるのでなく、経営はもう無理と会社をたたむのがまともな経営者の判断。こんな判例を認めたら、悪徳増資ブロカーを喜ばすことにもなり、他への影響を考えても絶対に認めることのできない判決」(読者)。増資といえば、つい先日、「井上工業」の架空増資事件が弾けた。増資した18億円中15億円(約8割)が会社のカネだったわけだが、東理HDの増資も約7割は福村被告やその関係だった。それも、東理の方は過去にも同様の増資を繰り返し、その引き受けのなかには複数の「反社」も含まれていた。しかも、井上工業の中村剛社長(当時)は「暴力団」に食い物にされての逮捕だが、東理の方は福村社長(当時)が自己の儲けのために確信犯的に増資を繰り返していたと見られ、今回の罪に問われた分だけでも約24億円儲けていた。それでなぜ、福村被告の方は無罪なのか? そんななか、別の読者から、今回、無罪判決を出した多和田隆史裁判長は、かなり知られた「問題裁判官」との情報提供もあった。そこで、調べてみると……。
2011年12月3日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <ミニ情報>あの旧「ジェイ・ブリッジ」元社長が写真週刊誌に登場!? | トップページ | <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第168回 暴排条例施行で同業者を売っているBプロオーナー!?」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/53397619

この記事へのトラックバック一覧です: 東理HD増資、元会長に無罪判決を出した裁判長の「評判」:

« <ミニ情報>あの旧「ジェイ・ブリッジ」元社長が写真週刊誌に登場!? | トップページ | <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第168回 暴排条例施行で同業者を売っているBプロオーナー!?」 »