« 「オリンパス」損失隠しで浮かび上がった、「NOVA」株横領「反社」人脈の接点 | トップページ | <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第30回)「2011年の昭和カルチャーニュースといったら」 »

2011.12.06

<*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第169回 清純派仮面・酒井法子復帰に暗雲!?」

 夫の髙相祐一と共に覚せい剤取締法違反で逮捕、有罪(執行猶予)となった酒井法子ーー復帰に向けて準備中とか、中国芸能界から逆再デビューとかいろいろ報道されるが、またしても復帰に暗雲が立ち込めている。その原因は、なんと酒井の後見人が問題なのだという。フリーの芸能ライターA氏は、「サンミュージックは芸能プロでは常識派というか、裏社会との付き合いをしない事務所なんです。ですから、酒井法子がカムバックするなら執行猶予が終ってからが方針のようです。それと、後見人と手を切るのも最低の条件のようです」。サンの事務所が暴力団関係と深い付き合いがないのは、筆者も知っていた。それなのに何故、カムバックに暗雲が垂れ込めているのか。「暴力団排除条例が影響しているんです」と、前出のライターA氏は続けた。
2011年12月5日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 「オリンパス」損失隠しで浮かび上がった、「NOVA」株横領「反社」人脈の接点 | トップページ | <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第30回)「2011年の昭和カルチャーニュースといったら」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/53416000

この記事へのトラックバック一覧です: <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第169回 清純派仮面・酒井法子復帰に暗雲!?」:

« 「オリンパス」損失隠しで浮かび上がった、「NOVA」株横領「反社」人脈の接点 | トップページ | <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第30回)「2011年の昭和カルチャーニュースといったら」 »