« <書評>「いまからでも間に合う! 家族のための『放射能を解毒する』食事」(生田哲。講談社) | トップページ | 銀行取引停止後も営業を続ける、乗っ取りグループに食われた「グラフ社」のウルトラC »

2011.12.15

逮捕された投資詐欺首謀者と、あの塩田大介氏との意外な接点

 大阪府警などは12月14日、住所不定、無職、菊次達朗容疑者(46)を詐欺容疑で逮捕した。最近、水源地の権利を買えば年6%の配当が得られるなどと書かれたパンフレットを送付するなどし、全国の高齢者を中心に数十億円を騙し取る詐欺グループが暗躍。大阪府警や青森県警など9府県警はこの詐欺グループの逮捕に乗り出していたが、その首謀者と見ているのが菊次容疑者で、32人目の逮捕となった。菊次容疑者は暴力団元組員で、逮捕状を取って行方を追っていたところ、都内で身柄を確保。今後、事件の全容解明を目指すという。実はこの菊次容疑者と、本紙で警視庁が競売妨害容疑などで狙っていると報じている塩田大介氏(43)とは意外な接点があった。
 2011年12月15日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <書評>「いまからでも間に合う! 家族のための『放射能を解毒する』食事」(生田哲。講談社) | トップページ | 銀行取引停止後も営業を続ける、乗っ取りグループに食われた「グラフ社」のウルトラC »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/53492746

この記事へのトラックバック一覧です: 逮捕された投資詐欺首謀者と、あの塩田大介氏との意外な接点:

« <書評>「いまからでも間に合う! 家族のための『放射能を解毒する』食事」(生田哲。講談社) | トップページ | 銀行取引停止後も営業を続ける、乗っ取りグループに食われた「グラフ社」のウルトラC »