« 「原発事故とマスコミ報道」シンポジウム報告(11月18日) | トップページ | <主張>納得できない、「東理ホールディングス」福村康廣元会長の無罪判決 »

2011.12.01

「オリンパス」事件で注目の、旧「ジェイ・ブリッジ(AAH)」増資の背景

「オリンパス」の巨額損失隠しに関わっていると見られる不正人脈絡みで、注目を集めている旧「ジェイ・ブリッジ」(JB。現「アジア・アライアンス・ホールディングス=AAH)」ーーそのAAHは11月29日に増資を発表した。第3者割当で8億円+すべて転換すれば12億円になる新株予約権と、同社にとっては大規模な資金集めで、これに伴い主要株主も入れ替わる(払込期日は来年1月20日。ただし新株予約権の払込金額は0円。行使価格は15円)。また、来年1月13日開催予定の臨時株主総会を経て、現社長の高森幸太郎氏は取締役に。代わって、5名の新顔が取締役および会長として経営に加わることになる。かつては「企業再生のプロ」との評価も一部にあったが、オリンパス事件で関与が指摘される桝澤徹元社長一派の疑惑に満ちた経営などにより同社の社会的信用は地に落ち、いまや自ら上場廃止するとの見方さえも出ていた。この増資の背景はどうなっているのか!?
 2011年12月1日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 「原発事故とマスコミ報道」シンポジウム報告(11月18日) | トップページ | <主張>納得できない、「東理ホールディングス」福村康廣元会長の無罪判決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/53380682

この記事へのトラックバック一覧です: 「オリンパス」事件で注目の、旧「ジェイ・ブリッジ(AAH)」増資の背景:

« 「原発事故とマスコミ報道」シンポジウム報告(11月18日) | トップページ | <主張>納得できない、「東理ホールディングス」福村康廣元会長の無罪判決 »