« 医学部新設狙いで、再浮上して来た「国際医療福祉大学」の怪情報 | トップページ | 『週刊新潮』も取り上げた、本紙既報の嶋大輔が広告塔の詐欺疑惑ファンド »

2011.12.26

「勝俣さん宅にお手紙を届けよう」リアリティツアー2011が無事終了

 本紙でお知らせしていた「クリスマスは東電会長の家へ・リアリティツアー2011」だが、12月25日に一人の逮捕者も出さず、無事終了した。以下、同行取材したので報告しておこう。午後1時、JR新宿駅東口のアルタ前広場は、機動隊や警察車両がとりかこむモノモノしさに包まれていた。マスクをした明らかにそれとわかる私服刑事の集団もいる。ここで、ツアー参加者(約120名)が東電会長宅へ「遠足」に向かうための「待ち合わせ」をしていたのだ。これはデモではなく、あくまで「遠足」であるというのが主催者の主張だ。福島第一原発事故後、東電本社前抗議行動を呼びかけてきた園良太氏や、フリーター労組、反原発団体などが出発にあたってのあいさつをしてから、いよいよ「遠足」に出発する。四谷方面に向けて歩行者天国を歩き始めると、機動隊や私服刑事も併走して追尾しはじめた。プラカードなどの掲示やシュプレヒコールなど何も表現していないため、道行く人々には、何のことかさっぱりわからなかったかも知れない。前回の麻生首相宅ツアーでは、出発した途端、公安刑事の指示のもといきなり3人が路上で逮捕されたので、参加者は緊張感に包まれていた。が、何事もなく四谷三丁目交差点を右折した。ところが、勝俣会長宅に入る路地の前は、100人あまりの警察官が完全に阻止線を張って待ちかまえていたのだ。
 2011年12月26日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 医学部新設狙いで、再浮上して来た「国際医療福祉大学」の怪情報 | トップページ | 『週刊新潮』も取り上げた、本紙既報の嶋大輔が広告塔の詐欺疑惑ファンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/53576350

この記事へのトラックバック一覧です: 「勝俣さん宅にお手紙を届けよう」リアリティツアー2011が無事終了:

« 医学部新設狙いで、再浮上して来た「国際医療福祉大学」の怪情報 | トップページ | 『週刊新潮』も取り上げた、本紙既報の嶋大輔が広告塔の詐欺疑惑ファンド »