« 暴力団、国会議員との癒着を指摘する文書もーー「医療法人A会」(兵庫県)理事長の背任疑惑 | トップページ | 「井上工業」架空増資関連で登場していた有名タレント »

2011.11.07

<*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第163回 エイベックス・松浦社長、近々、引退へ」

 EXILE、浜崎あゆみ、倖田来未、東方神起、沢尻エリカ、ダルビッシュ有、松平健ら多数の売れっ子歌手、タレントを抱えて飛ぶ鳥を落とすエイベックスグループの総師・松浦勝人「エイベック・グループ・ホールディングス」(東京都港区)社長が近々の“引退”を決意したという。御存じのようにエイベックスは東証1部上場企業だ。上場前から松浦氏と暴力団との密接な関係は広く知れ渡っていた。それが上場できたのは顧問団に松尾邦弘元検事総長、井上幸彦元警視総監らが就任したからだとも言われていた。結果、いまやエイベックスは日本の芸能界を率いる一方の一大勢力となっている。松浦氏はそのオーナー社長=総師でいる限り、金は無尽蔵に入ってくる。その総師が引退!? 何故なのか? 週刊誌記者が解説する。「少し遡るんですが、08年にエイベックスの株主を暴力団組長を使って青山のエイベックス経営のレストランに呼びつけた松浦が、監禁し、『埋めてしまえ!』『殺してよ!』などと暴力団組長らに発し脅迫した事件で、警視庁は逮捕を視野に入れていたんですが、上の圧力なのか捜査打ち切りになったんです。捜査の現場が怒り狂っている時に、タイミングよく、10月1日から東京都でも施行された暴力団排除条例で、暴力団密接交際者に認定されてしまったからです」。―なるほど。エイベックスの大幹部に元暴力団幹部がいることは知っていたが・・・。
2011年11月7日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 暴力団、国会議員との癒着を指摘する文書もーー「医療法人A会」(兵庫県)理事長の背任疑惑 | トップページ | 「井上工業」架空増資関連で登場していた有名タレント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/53188674

この記事へのトラックバック一覧です: <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第163回 エイベックス・松浦社長、近々、引退へ」:

« 暴力団、国会議員との癒着を指摘する文書もーー「医療法人A会」(兵庫県)理事長の背任疑惑 | トップページ | 「井上工業」架空増資関連で登場していた有名タレント »