« 「井上工業」架空増資事件ーー本紙指摘通り、どこまで組関係に切り込めるか!? | トップページ | 「井上工業」、本紙指摘のI氏も逮捕 »

2011.11.24

警視庁公安部なども関心ーー「滝行」中2暴行死宗教団体関係者の素性

 9月27日、熊本県警が「滝行」中に窒息死した中学2年生女性の件で、傷害致死容疑で父親と僧侶を逮捕した事件に、警視庁公安部などが関心を寄せているという。なぜ、宗教団体での死亡事件に公安部なのか!?  この宗教団体、仏教系の「中山身語正宗」といい、1952年に宗教法人の認可を受けており信者数は約30万名。本山は佐賀県にあり、今回、事件を起こしたのは熊本県熊本市内の教会だ。警視庁公安部などが関心を持ったのは、逮捕後(10月18日、逮捕された2名共起訴に)の10月4日、事件を起こした教会が所属する大本山・瀧光徳寺の管長らが記者会見を行い、謝罪したのだが、そのメンバーのなかに以前から目を付けていた人物が同席していたからだった。
2011年11月23日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



|

« 「井上工業」架空増資事件ーー本紙指摘通り、どこまで組関係に切り込めるか!? | トップページ | 「井上工業」、本紙指摘のI氏も逮捕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/53319754

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁公安部なども関心ーー「滝行」中2暴行死宗教団体関係者の素性:

« 「井上工業」架空増資事件ーー本紙指摘通り、どこまで組関係に切り込めるか!? | トップページ | 「井上工業」、本紙指摘のI氏も逮捕 »