« ロシア軍の北方領土ミサイル配備を外務省の圧力!?で報道できない大手メディア | トップページ | 入手ーー井上工業架空増資疑惑“主犯”の「経過文書」に抜けている事実 »

2011.10.27

「福島県民はモルモットではない!」経産省前で福島の女性たちが座り込み

 福島第一原発事故は、東京電力が原子炉の「冷温停止」を年内に達成すると述べて以後、事態は収束に向かっているかの印象がある。だが、溶解した核燃料がどこにあるかも不明なのであり、放射性物質の放出は依然続いている。そして福島県内は今も高濃度汚染に曝されているのが実際だ。こうしたなか、福島県内の女性たちが上京し、霞ヶ関の経済産業省前で、本日10月27日から座り込みをはじめている。「原発いらない福島の女たち」というグループだ。経産省正門脇のスペースには、9月11日以後、「原発再稼働を絶対に許すな」と横断幕を掲げたテントが張られている。60年安保世代の元全学連活動家らが構成する「9条改憲阻止の会」のテントだが、その横に「原発いらない福島の女たち」のテントが加わり、このテントを囲むように女性たちが座り込みをしている。例によって制服警官が数十人、そして公安警察が監視していたが、反原発の世論を恐れてか、テントの撤去や座り込み者の排除はさすがにできない。今日の参加者は、福島県から60人、県外から450人(正午段階)。「上を向いて歩こう」などの歌が流れるなか、参加者一人一人が、プラカード、のぼり、パッチワークを持参し、政府や原発に対する思いを表現していた。
 2011年10月27日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« ロシア軍の北方領土ミサイル配備を外務省の圧力!?で報道できない大手メディア | トップページ | 入手ーー井上工業架空増資疑惑“主犯”の「経過文書」に抜けている事実 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/53096419

この記事へのトラックバック一覧です: 「福島県民はモルモットではない!」経産省前で福島の女性たちが座り込み:

« ロシア軍の北方領土ミサイル配備を外務省の圧力!?で報道できない大手メディア | トップページ | 入手ーー井上工業架空増資疑惑“主犯”の「経過文書」に抜けている事実 »