« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(321)T&Cホールディングス株、大暴落の背景 | トップページ | ついに上場廃止になった「塩見ホールディングス」ーー問われる「反社」疑惑企業との取引 »

2011.10.08

コンゴ民主共和国のダイヤモンド利権と民主党代議士

 本紙では以前、マザーズ上場のIT系企業「イー・キャッシュ」(東京都渋谷区)との関係で取り上げたことがある、民主党の新人代議士が、再び、ちょっとした注目を集めている。その玉木雄一郎氏(42)、新人といっても、東大卒、財務省入りした元キャリアで(ハーバード大大学院留学)、若くして財務省主計局主査に就き、その経歴は申し分ない。それだけに、なおさら少しでも怪しい動きや人脈が関係するとどうしても噂になってしまうようで、気の毒という面もあるように思える。だが、内戦が続く最貧国であるものの、世界第2位の産出量を誇るコンゴ共和国のダイヤモンド利権に関する人物らと、東日本大震災の影響も加わり未だ景気が冷え込んでいる中、東京・銀座の高級クラブで頻繁に目撃されているとなれば、嫌でも目につくというものだろう。
2011年10月8日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(321)T&Cホールディングス株、大暴落の背景 | トップページ | ついに上場廃止になった「塩見ホールディングス」ーー問われる「反社」疑惑企業との取引 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/52939169

この記事へのトラックバック一覧です: コンゴ民主共和国のダイヤモンド利権と民主党代議士:

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(321)T&Cホールディングス株、大暴落の背景 | トップページ | ついに上場廃止になった「塩見ホールディングス」ーー問われる「反社」疑惑企業との取引 »