« 地上げ屋より悪質!? JR東日本の「阿佐ヶ谷ゴールド街」商店主追い出し手口(Ⅱ) | トップページ | 大王製紙前会長、やはりカジノにはまって大損との情報 »

2011.10.18

NHK紅白選定に影響力持つ「音事協」に飛び出したスキャンダル

 島田紳助の芸能界引退、10月1日から東京都でも暴力団排除条例が施行されるなか、改めて暴力団と芸能界との癒着が問題視され、今年大晦日のNHK紅白の出演歌手は大きく様変わりするとの見方さえ出ている。そんななか、その紅白へ出演する歌手の選定に大きな影響力を持つとされる(社)「日本音楽事業者協会」(東京都渋谷区)に関するスキャンダルが飛び出し、理事の入れ替えも必至との見方も出ている。音事協の会長は、「プロダクション尾木」の尾木徹社長。本紙でも既報のように、昨年大晦日の「日本レコード大賞」の最優秀新人賞の選定を巡っては水面下で、わが国芸能界を席捲するKーPOPを推す尾木会長らと、それを快く思わない背後で音事協に大きな影響力を持つ黒幕B氏との暗闘があったなんて観測も流れたが、その後、尾木会長とユニバーサルミュージック側のT氏がB氏側にKーPOP利権の一部を渡すことで手打ちしたとの見方もある。だが、その一方で、B氏自体が暴排条例で狙われているとの情報もあり、状況は混沌としており、いまのところ、NHK紅白の顔ぶれがどの程度変わるのか予測は難しい。そんななか飛び出したのが、音事協理事に対する“賄賂”疑惑だ。
 2011年10月17日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



|

« 地上げ屋より悪質!? JR東日本の「阿佐ヶ谷ゴールド街」商店主追い出し手口(Ⅱ) | トップページ | 大王製紙前会長、やはりカジノにはまって大損との情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/53019440

この記事へのトラックバック一覧です: NHK紅白選定に影響力持つ「音事協」に飛び出したスキャンダル:

« 地上げ屋より悪質!? JR東日本の「阿佐ヶ谷ゴールド街」商店主追い出し手口(Ⅱ) | トップページ | 大王製紙前会長、やはりカジノにはまって大損との情報 »