« <本紙・山岡の記事紹介>「福島第一原発の真実! あれじゃ爆弾も凶器も持ち込み放題だッ!」(『アサ芸』10月20日号) | トップページ | <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第26回)「ジョン・カーペンターにひれ伏す。シネパトスも銀座の鏡」 »

2011.10.12

ついに捜査へーー疑惑のタイ投資ファンド「APF」、本紙が掴んだ疑惑の此下一味15名リスト

 連載でお伝えしたように、当局も捜査を開始し、いよいよ疑惑のタイ投資ファンド「アジア・パートナーシップ・ファンド(APF)」(本社=タイ・バンコク。此下益司会長)のXデーは迫って来ているようだ。それと共に、さすがに投資家の間で、APFはもう資金繰りが厳しくなっているとの認識が浸透して来た。今年春に、こんな出来事があった。APF側の伊藤や三木、久保、渡辺各氏が各投資家を訪ね、投資額の2割なら来月返金するからといって回った。こうしたなか、何人かの投資家はそれぞれの経済事情等もあってこれに応じ、渋々サインした。「だが、いつもの手口で結局、その2割の資金さえ返って来ませんでした。それで、最後まで信じていた投資家もさすがに刑事告訴する決心がつき、今では大阪府警に相談窓口があるほどです」(元投資家)。ところで、この間、本紙には複数の関係者が情報提供してくれているが、そのなかには現役のAPF関連会社社員もいた。だが、彼らもここに至り、良心の呵責やこのままでは自分もヤバイということで現在はOBになっている。「未だ残っているメンバーは皆、さすがに詐欺だろうとわかって行動していると思われ、したがって犯罪集団のメンバーといっていいと思います。最後には、“此下(益司APF)会長に言われてやっただけのこと”と逃げるかもしれませんが、ここに来てそれは通用しませんよ」(当局関係者)。そこで、本紙はいま現在も居残り、不正行為に関与している可能性が高いと思われるメンバーをピックアップしてみた。前出の伊藤や三木、久保、渡辺各氏4名も含め、その数は15名に上った。以下、その全員の名前、肩書き、どのような不正に関与していた可能性があるのか、できる限り列記してみた。
 2011年10月11日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <本紙・山岡の記事紹介>「福島第一原発の真実! あれじゃ爆弾も凶器も持ち込み放題だッ!」(『アサ芸』10月20日号) | トップページ | <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第26回)「ジョン・カーペンターにひれ伏す。シネパトスも銀座の鏡」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/52969962

この記事へのトラックバック一覧です: ついに捜査へーー疑惑のタイ投資ファンド「APF」、本紙が掴んだ疑惑の此下一味15名リスト:

» CFDトレード入門&実践 [無料レポート]
なぜ CFDは 株やFXよりも稼ぎやすいのか。どうすれば 投資で安定して稼ぐことができるようになるのか。知りたい人は [続きを読む]

受信: 2011.11.02 08:37

« <本紙・山岡の記事紹介>「福島第一原発の真実! あれじゃ爆弾も凶器も持ち込み放題だッ!」(『アサ芸』10月20日号) | トップページ | <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第26回)「ジョン・カーペンターにひれ伏す。シネパトスも銀座の鏡」 »