« <ミニ情報>振興銀グループの「C&I Holdings」が上場廃止に | トップページ | 国会議員元公設秘書に、原発事故にかこつけた詐欺疑惑 »

2011.09.03

<*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第156回 暴力団擁護発言で『とくダネ!』打ち切り!? 小倉の後継アナの名前も」

島田紳助のお笑い突然の引退を大地震に例えるなら震度7か。余震はそれほどでもないと思っていたら震度6クラスの余震がテレビ界を襲った。震度6の余震に見舞われたのはフジテレビ「とくダネ!」で、“俺が天下”の顔をしている司会の小倉智昭が原因だ。彼は紳助事件を取り上げた8月24日、「島田紳助擁護、暴力団擁護とも受け取られかねない発言をし、ネット等で批判が集中したのですが、25日の放送ではそれを無視して謝罪もしなかった。そのネット世論を舐めた態度に視聴者が激怒してネットが燃え、フジテレビに、『あれが韓流フジの態度か!』『小倉は世論か!』『生意気を言うならカツラを取れ!』とか、『フジテレビは暴力団を擁護している』『フジテレビは暴力団フロント企業だ!』等々の非難が殺到したのです」(フジテレビ内部関係者)。当然だろう。この批判にさすがの小倉もいやいや26日の番組で釈明、謝罪をした。ところが、「この謝罪がまた『反省が見られない』。『いやいや謝罪しているじゃないか』と、フジテレビに抗議が集中したんです」(先の関係者)。これに頭を抱えているフジテレビ幹部を真っ青にすることが追い打ちをかけた。小倉の世の中と逆行する発言を目にした代議士がいたのだ。ま、野党だけに暇があってこんな番組をみていたのだろうが、それは置くとして、小倉の発言に激怒したのがみんなの党の小野次郎氏。フジに致命的だったのは、この小野次郎議員、警察庁出身で、警視庁に出向時、警視庁暴力団対策第一課長を務めていた経歴の持ち主であった事実。その立場上、暴力団擁護に繋がりかねない小倉の発言を黙認するわけにはいかない。
2011年9月3日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



|

« <ミニ情報>振興銀グループの「C&I Holdings」が上場廃止に | トップページ | 国会議員元公設秘書に、原発事故にかこつけた詐欺疑惑 »

コメント

芸能人=クスリ=ヤクザ=朝鮮人=ヤクザ=芸能人〜ユダヤ

投稿: アホ日本人 | 2012.01.12 09:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/52639834

この記事へのトラックバック一覧です: <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第156回 暴力団擁護発言で『とくダネ!』打ち切り!? 小倉の後継アナの名前も」:

« <ミニ情報>振興銀グループの「C&I Holdings」が上場廃止に | トップページ | 国会議員元公設秘書に、原発事故にかこつけた詐欺疑惑 »