« 実名報道でないから懲りない!? フジTV報道後も、別ルートで“死んだうなぎ”を加工販売!? | トップページ | 「夕刊フジ」が本紙・山岡の潜入に言及ーー福島第一原発カメラに映った不審人物 »

2011.09.01

<新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第23回)「怪獣と日本人のご都合主義」

 『モスラ』公開(61年)から3年後、『モスラ対ゴジラ』が公開された。水爆実験の恐怖の象徴たるゴジラと、平和の象徴モスラが人類のために戦うという善悪対決パターンものであるが、戦後と原子力をからませて観ると興味深いものがある。たとえば、新聞記者の宝田明と星由里子が、ゴジラに蹂躙される日本の特使(?)としてインファント島に出向き「モスラの力をお借りしたい」と懇願すると、酋長から「お前たち、悪魔の火(水爆のこと)をもて遊んだ罰だ」と一蹴される。すると星由里子は、罪もない人々がゴジラによって命を落しているのですと泣き落とし。結局、モスラは死に瀕した老体でゴジラに向かってゆくが。ここで思うのは、東京オリンピックを控えてすっかり平和ボケして、被害者意識丸出しの日本人の姿だ。しかしこの身勝手な記者に扮した宝田明と星由里子の二人は3年前、ある映画でなんと第三次世界大戦=核戦争の恐怖に直面していたのだ。
2011年8月31日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 実名報道でないから懲りない!? フジTV報道後も、別ルートで“死んだうなぎ”を加工販売!? | トップページ | 「夕刊フジ」が本紙・山岡の潜入に言及ーー福島第一原発カメラに映った不審人物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/52617475

この記事へのトラックバック一覧です: <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第23回)「怪獣と日本人のご都合主義」:

« 実名報道でないから懲りない!? フジTV報道後も、別ルートで“死んだうなぎ”を加工販売!? | トップページ | 「夕刊フジ」が本紙・山岡の潜入に言及ーー福島第一原発カメラに映った不審人物 »