« いよいよ絶対絶命の「塩見ホールディングス」(続) | トップページ | 阪神・金本選手を恐喝で告訴した人物の正体(DDS株巡るトラブルにも登場) »

2011.08.19

阪神・金本選手と塩見ホールディングスの意外な接点

 いま発売中の『週刊新潮』と『週刊文春』が、プロ野球・阪神タイガースの金本知憲選手(43)が、警視庁に恐喝容疑で告訴されていたとの特集記事を掲載し、関係者の間で話題になっているのはご存じの通り。告訴したのは、投資会社社長S氏。S氏は金本と一緒にファンドを設立した仲だったのに、金本は自分の投資資金はS氏への貸金ということにしろと、S氏を監禁までし、無理矢理デッチ上げの金銭準消費賃貸契約書に捺印させ、以降、その契約書を盾に金を要求し続けているという内容だ。これだけみれば、金本はまさに“金の亡者”のように思えるが、実はこの背景には、金本自身、ある暴力団にも通じるA氏に追い込みをかけられている状況があり、その原因は金本の父の借金に始まっているとの情報がある。そして、そのA氏は、本紙がウォッチしている大証2部「塩見ホールディングス」にも深く食い込んでいるという。
 2011年8月19日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« いよいよ絶対絶命の「塩見ホールディングス」(続) | トップページ | 阪神・金本選手を恐喝で告訴した人物の正体(DDS株巡るトラブルにも登場) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/52514990

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神・金本選手と塩見ホールディングスの意外な接点:

» [配送版」〜プロのファンドマネージャーのトレーディングの極意〜 [[配送版」〜プロのファンドマネージャーのトレーディングの極意〜]
プロのファンドマネージャーとして活動してきた男のトレーディングの極意・・・ [続きを読む]

受信: 2011.08.20 10:00

« いよいよ絶対絶命の「塩見ホールディングス」(続) | トップページ | 阪神・金本選手を恐喝で告訴した人物の正体(DDS株巡るトラブルにも登場) »