« 「クレアホールディングス」の不可解な不動産取得とトラブル | トップページ | <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第154回 立候補させなくて良かった島田紳助。引退は逮捕逃れか!?」 »

2011.08.28

阪神・金本選手を恐喝で告訴した人物の正体(某上場企業の実質オーナー!?)

  本紙は8月19日、「阪神・金本選手を恐喝で告訴した人物の正体(DDS株巡るトラブルにも登場)」なるタイトル記事を報じている。その後、この告訴した人物、別の上場企業の実質、オーナーとの情報が入って来たのでお伝えしておく。その前に、前回報じた、マザーズ上場の指紋認証ソリュージョン「ディー・ディー・エス」(DDS。本社・名古屋市)の株を巡るトラブルの件だが、この訴訟(原告・柏原武利氏。事件番号は平成22年ワ第12051号。民事第12部)、和解になっていた。最高時、DDS株の約12%を保有する筆頭株主で、長期保有するとしていた柏原氏だが、ほとんどは借り入れ資金で、ほどなく担保流れに。ところが、返済期日を待たずに株式を売却したとして、売却代金と借り入れ資金の差額分、約1億500万円を支払えと昨年4月に提訴した。しかし、今年7月15日に和解に。その条件は、月々10万円、計50万円支払え(ただし、支払いを怠った行った時は700万円に増額)という被告にとってひじょうに有利な内容で、実質、被告側勝訴といってもいい内容だった。
2011年8月28日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 「クレアホールディングス」の不可解な不動産取得とトラブル | トップページ | <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第154回 立候補させなくて良かった島田紳助。引退は逮捕逃れか!?」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/52591703

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神・金本選手を恐喝で告訴した人物の正体(某上場企業の実質オーナー!?):

« 「クレアホールディングス」の不可解な不動産取得とトラブル | トップページ | <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第154回 立候補させなくて良かった島田紳助。引退は逮捕逃れか!?」 »