« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(317)「東日本大震災絡みの2つの情報」 | トップページ | 阪神・金本選手と塩見ホールディングスの意外な接点 »

2011.08.18

いよいよ絶対絶命の「塩見ホールディングス」(続)

 本紙は6月29日、「いよいよ絶対絶命の『塩見ホールディングス』」なるタイトル記事を掲載した。そのなかで、一時監査人も同社の今年3月期の有価証券報告書につき6月末までに意見表明しなかったため、このままでは7月末を持って上場廃止基準に抵触するわけで、絶対絶命と報じた。もっとも、大証2部の建築総合コンサル「塩見ホールディングス」(広島市。塩見信孝社長)は相変わらず管理銘柄入りしているものの、未だ上場を維持している。それは、結局、監査人は意見表明しなかった(昨日、新たな公認会計士と交代)ものの、その「意見不表明」の監査報告書を付けて今年3月期の有価証券報告書を7月末までに出しという“奇手”を使ったからだ。だが、意見不表明は実質、「不適性意見」同様で、その決算書は信用できないということと考えてよく、単に時間稼ぎしているといっていいだろう。塩見ホールディングスは、昨年3月期で実に20億円以上も債務超過で、こちらでも管理銘柄入りしている。ところが、同社は今年5月20日、債務超過を解消したとしている。
2011年8月18日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(317)「東日本大震災絡みの2つの情報」 | トップページ | 阪神・金本選手と塩見ホールディングスの意外な接点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/52507032

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ絶対絶命の「塩見ホールディングス」(続):

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(317)「東日本大震災絡みの2つの情報」 | トップページ | 阪神・金本選手と塩見ホールディングスの意外な接点 »