« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(316)「新手の新株予約権発行を持ちかける『丸石』元社長の怪しい動き」 | トップページ | 京都問題土地売却巡りーー藤井鉄雄氏が「武富士側は2重契約している!」と爆弾証言 »

2011.08.12

「日本振興銀行」問題浮上に併せ飛び出した、落合伸治氏父の疑惑(Ⅱ)

 本紙は約1年前、木村剛被告ではなく、そもそも日本振興銀行代表だった落合伸治氏(冒頭左写真。右は木村被告)の父・落合文太郎氏の疑惑を取り上げている。そのなかで、伸治氏がかつて木村被告とパートナーにまでなった力の源泉は、父・文太郎氏が、“サラ金銀行”とまで呼ばれた旧東京相和銀行(現東京スター銀行)のワンマン会長だった故・長田庄一氏と組んでサラ金卸業で儲けていた点にあること、しかし、文太郎氏は歌手の故・三橋美智也氏と組んだ不動産事業で失敗し、表舞台から姿を消していたが、95年から再び「バンリ・グループ」なるものを形成し、表舞台に登場して問題を起こしている模様だとスッパ抜いた。その疑惑の一端が具体的に出て来たので、追加報道する。文太郎氏はこのバンリ・グループにおいて、わが国の消費者金融が厳しい総量規制を受けるなどするなか国内は金融卸に特化、消費者金融業は韓国など海外にシフトさせている。だが、前出の旧東京相和銀行(100億円以上)のような資金源を持たないいま、個人投資家から資金を集めている。
2011年8月11日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(316)「新手の新株予約権発行を持ちかける『丸石』元社長の怪しい動き」 | トップページ | 京都問題土地売却巡りーー藤井鉄雄氏が「武富士側は2重契約している!」と爆弾証言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/52452363

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本振興銀行」問題浮上に併せ飛び出した、落合伸治氏父の疑惑(Ⅱ):

» 勝率90%を刻む 個人投資家のためのシステムトレード! [勝率90%を刻む 個人投資家のためのシステムトレード!]
過去10年の勝率90%OVER!1年で2億など非現実的な話でなく100万を数年で1000万にする本物の投資法! [続きを読む]

受信: 2011.09.02 18:00

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(316)「新手の新株予約権発行を持ちかける『丸石』元社長の怪しい動き」 | トップページ | 京都問題土地売却巡りーー藤井鉄雄氏が「武富士側は2重契約している!」と爆弾証言 »