« 航空シート不正のとばっちりに、「小糸工業」子会社から怒りの声 | トップページ | クロマグロ詐欺疑惑「シールド」、金融庁が金商法違反と県警との連携を認める »

2011.07.13

釜石市のガレキ処理で、新日鐵が何が何でも主導しようとする理由

 本紙で6月21日、報じたように、先の東日本大震災の被災地である岩手県釜石市のガレキ処理で、新日鐵が何が何でもその仕事を主導しようとし、地元企業主体でとの正論に異を唱えるのはマズイとなると、自分は引っ込み、今度は政府と太いパイプを持つ世界的建設コンサル企業「パシコン」(東京都多摩市)をダミーに介入させていると報じた。その後、釜石市議会が、ガレキ処理をパシコン系で行くか、地元企業主体で行くか、議決すると見られていたが、関係者によれば、結局、入札で決めることになったという。
2011年7月12日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 航空シート不正のとばっちりに、「小糸工業」子会社から怒りの声 | トップページ | クロマグロ詐欺疑惑「シールド」、金融庁が金商法違反と県警との連携を認める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/52192539

この記事へのトラックバック一覧です: 釜石市のガレキ処理で、新日鐵が何が何でも主導しようとする理由:

« 航空シート不正のとばっちりに、「小糸工業」子会社から怒りの声 | トップページ | クロマグロ詐欺疑惑「シールド」、金融庁が金商法違反と県警との連携を認める »