« 水増し不動産現物増資による上場廃止逃れにメスーー「NESTAGE」元会長ら逮捕 | トップページ | 習志野市で高齢者自宅取り壊しーー土地区画整理法を悪用した現代の「地上げ」手口か!? »

2011.07.15

反原発の俳優・山本太郎――芸能界のタブーを超えて生き残れるか

 これまで芸能界は「原発反対を言うと仕事が干される」ため、原発について批判的なことをいう芸能人はほとんどいなかった。唯一の例外は、ロックミュージシャンの故・忌野清志郎(09年死去)くらいだろう。しかし福島第一原発の大事故を受けてこの間、数人の芸能人が反原発の声を上げ始めている。忌野清志郎の大ファンである斉藤和義(45)は自分の持ち歌「ずっと好きだった」を、東京電力への怒りを込め、「ずっとウソだった」と改作しユーチューブにアップ、大反響を得た。14歳のジュニアアイドル・藤波心はみずからのブログで脱原発の主張を書き込み、「6.11脱原発100万人アクション」に参加、新宿アルタ前で演説もしている。そうしたなかで、俳優の山本太郎(36)の反原発の発言、行動はもっとも注目されている。「日雇い労働役者稼業明日から干されてどう生きてく?だからって黙ってテロ国家日本の片棒担げぬ」とのツイートで“決意表明”して以後、反原発デモに参加。5月、反原発発言でドラマを降板になったとコメント。同月27日には所属事務所のシス・カンパニーを「これ以上迷惑かける訳いかないから」と自主退社した。
2011年7月14日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 水増し不動産現物増資による上場廃止逃れにメスーー「NESTAGE」元会長ら逮捕 | トップページ | 習志野市で高齢者自宅取り壊しーー土地区画整理法を悪用した現代の「地上げ」手口か!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/52216797

この記事へのトラックバック一覧です: 反原発の俳優・山本太郎――芸能界のタブーを超えて生き残れるか:

« 水増し不動産現物増資による上場廃止逃れにメスーー「NESTAGE」元会長ら逮捕 | トップページ | 習志野市で高齢者自宅取り壊しーー土地区画整理法を悪用した現代の「地上げ」手口か!? »