« 釜石市のガレキ処理で、新日鐵が何が何でも主導しようとする理由 | トップページ | 「サハダイヤモンド」株価、2カ月で実に約20倍のその後 »

2011.07.13

クロマグロ詐欺疑惑「シールド」、金融庁が金商法違反と県警との連携を認める

 本紙が詐欺ではないかと追及している、クロマグロ養殖などを名目に、全国の不特定多数の者から社債名目などで20億円以上の資金を集めながら、事業実態がほとんど見られない「シールド」(鹿児島市に本店を置いていたが、現在は東京都中央区に)とそのグループ企業ーー金融庁九州財務局が今年4月段階で、シールド側に、社債などを発行するに当たり登録をしているか、また、発行した社債の募集内容の説明、関係資料の提出などを求めていたことがわかった。そこで、鹿児島財務事務所に問い合わせたところ、未だ「登録」しておらず、金融商品取引法違反であることなどをハッキリと認めた。
2011年7月13日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 釜石市のガレキ処理で、新日鐵が何が何でも主導しようとする理由 | トップページ | 「サハダイヤモンド」株価、2カ月で実に約20倍のその後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/52198550

この記事へのトラックバック一覧です: クロマグロ詐欺疑惑「シールド」、金融庁が金商法違反と県警との連携を認める:

« 釜石市のガレキ処理で、新日鐵が何が何でも主導しようとする理由 | トップページ | 「サハダイヤモンド」株価、2カ月で実に約20倍のその後 »