« 臓器売買事件ーー住吉会幹部と徳洲会グループ幹部との癒着疑惑浮上 | トップページ | <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第20回)「若き日の原田芳雄をこの作品で」 »

2011.07.20

菅首相が敗戦記念日に期する大バクチ宣言

 野党ばかりか、与党、国民の大半にまで嫌われても、一向に首相の座を下りる気配のない菅直人首相ーー。7月19日午前の衆議院予算委員会では、サッカー女子ワールドカップの日本代表の優勝を引き合いに出し、「私もやるべきことがある限り、諦めないで頑張らなければならないと感じた」と言い放ったのだから、ここまで来ると、その粘り腰には、たいしたものとも思えて来るから不思議なものだ。しかし、それにしても菅首相に「やるべきこと」などあるのか? 何しろ、当初、菅首相を支持していた民主省関係者にまで、こう吐き捨てられる始末なのだから。「あいつは官房機密費でタダ飯を食ったりしたいだけ。仲間もいなければ、資金もない。辞めればただの1議員だし、この様では次回当選さえ危ない。だから、できるだけ長く首相の座にいたいだけ。いることが、やるべきことだろう」。だが、実は菅首相には別の「やるべきこと」があったのだ。その最大の山場は8月15日の敗戦記念日だという。
2011年7月19日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



|

« 臓器売買事件ーー住吉会幹部と徳洲会グループ幹部との癒着疑惑浮上 | トップページ | <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第20回)「若き日の原田芳雄をこの作品で」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/52255809

この記事へのトラックバック一覧です: 菅首相が敗戦記念日に期する大バクチ宣言:

« 臓器売買事件ーー住吉会幹部と徳洲会グループ幹部との癒着疑惑浮上 | トップページ | <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第20回)「若き日の原田芳雄をこの作品で」 »