« あの川上氏が協力!? 上場廃止になった「アイ・シー・エフ」「シグマ・ゲイン」両社の被害者の会立ち上がる | トップページ | 「サイバーファーム」元社長の近況 »

2011.07.06

<新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第19回)「映画『マイ・バック・ページ』と失意の1979年」

 前回の続きで『マイ・バック・ページ』のお話であります。映画のラスト近く、時代は1979年、すでに「事件」も過去のことである。川本三郎自身である映画の中の「沢田」も、映画評論家として『キネマ旬報』(これは映画でも実際の誌名が出てくる)に書いたり、細々であるが一目置かれる存在になっていた。試写会のシーン、映画は『十九歳の地図』(原作は中上健次、監督は柳町光男)。振り返れば、1971年に沢田とあのモデルが一緒に観た映画は『ファイブ・イージー・ピーセス』であった。共通するのは、ダメ男が主人公の沈うつな映画であることだ。それは、沢田自身の心情と70年代の失意の足跡に重なるし、それぞれの時代の気分とやらにもぴったりとフィットする。沢田は試写の上映のあと、編集者たちの誘いも断り、一人で居酒屋に行くのだが、わしは思わずうなった。それは、初めて川本三郎の本(『シネマ裏通り』)を買ったのも、実物の川本三郎を見たのもこの1979年だったことを思い出したから。あれは5月頃だったと思う。五反田東映シネマという今は亡き名画座で、東映の工藤栄一監督が久々に新作を撮るというので、旧作の上映とトークのイベントが行われた。旧作は、あの有名な『十三人の刺客』、『大殺陣』『十一人の侍』の3本、そして話題の新作が何と『その後の仁義なき戦い』。すでに、東映やくざ映画も衰退期に入り、70年代を席捲した『仁義なき戦い』をはじめとする実録路線も終わり、深作欣二監督もこの頃は時代劇や角川のSF大作を手がけていた。そんななかでの『その後の~』は、主人公も根津甚八、宇崎竜童、松崎しげると、異色のキャラクターが並び、やくざなのにダメ男だらけなのだ。
 2011年7月6日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« あの川上氏が協力!? 上場廃止になった「アイ・シー・エフ」「シグマ・ゲイン」両社の被害者の会立ち上がる | トップページ | 「サイバーファーム」元社長の近況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/52136765

この記事へのトラックバック一覧です: <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第19回)「映画『マイ・バック・ページ』と失意の1979年」:

« あの川上氏が協力!? 上場廃止になった「アイ・シー・エフ」「シグマ・ゲイン」両社の被害者の会立ち上がる | トップページ | 「サイバーファーム」元社長の近況 »