« <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第17回)「1971年とジェーンフォンダ」 | トップページ | 山口もえ夫が風営法違反で逮捕にーー本紙スクープ窃盗事件の別件逮捕の可能性も »

2011.06.07

韓国で口パク禁止法案審議中ーーわが国芸能界にも影響必至

   5月13日、韓国自由先進党の李明洙議員がTVやコンサートなどで歌手がリップシンク(予め収録された歌や楽曲に対して、口の動きを合せて歌っているように見せかけること)することを禁止する「公演法改正案」を国会に提出したことがわかった。李議員は「商業的な公演で事前通告なく、リップシンクするということは観客に対する欺瞞行為であり、詐欺行為だ」として、口パクした場合、1年以下の懲役、もしくは1000万ウォン(約75万円)の罰金刑を求めている。もっとも、わが国芸能界でも口パクはよくあることで、したがって法案内容は現実的でないし、目立ちたい議員が話題作りに法案提出しているだけで成立する余地など皆無ではとの見方がわが国関係者の間にはあった。ところが、韓国事情に詳しい者によれば、李議員は大統領候補側近の有力与党議員だし、当初は反対意見が多かったものの、その後、賛同意見が増え、成立する可能性もあるという。そして、現在も審議中とのことだ。
 2011年6月7日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第17回)「1971年とジェーンフォンダ」 | トップページ | 山口もえ夫が風営法違反で逮捕にーー本紙スクープ窃盗事件の別件逮捕の可能性も »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/51882107

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国で口パク禁止法案審議中ーーわが国芸能界にも影響必至:

« <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第17回)「1971年とジェーンフォンダ」 | トップページ | 山口もえ夫が風営法違反で逮捕にーー本紙スクープ窃盗事件の別件逮捕の可能性も »