« 元広域暴力団、事件屋とタッグ!? 上場廃止になった「セイクレスト」筆頭債権者“社長”は警察、自衛隊OB | トップページ | <ミニ情報>福村元代表所有の「東理ホールディングス」株売却話の怪 »

2011.06.01

不可解な事実が――東電・清水社長入院は体調不良ではなく自殺未遂だった!?

 この6月末の定時株主総会を経て退任することがすでに決まっている「東京電力」の清水正孝社長(冒頭写真)だが、その清水氏が過労を原因とする体調不良ということで都内の病院に入院、職務から離れたのは3月16日から約1週間のことだった。この入院につき、実は以前から自殺未遂説が一部関係者の間で噂されていた。だが、裏が取れる話ではなく、この説を報じたメディアは皆無といってもよかった。ところが、5月に入って、実に不可解としか思えない客観的な動きが清水氏関連であった。さる事情通は、こう漏らす。「死にきれなかったが、これを契機に、身辺整理をしておこうということではないか。いずれにしろ、こんな事実が明らかになれば、“そんな個人的なことをやっている場合か!!”と批難を受けて当然。他に合理的な理由がない」。また、自殺(未遂)の動機に関しては、こう重い口を開く。「放射能被害は表に出ていることよりはるかに深刻。そのことを知り、また東電幹部のなかにあっては実直な方だけにいたたまれなくなったのではないか」。(以下に、客観的な証拠資料を転載)
 2011年6月1日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 元広域暴力団、事件屋とタッグ!? 上場廃止になった「セイクレスト」筆頭債権者“社長”は警察、自衛隊OB | トップページ | <ミニ情報>福村元代表所有の「東理ホールディングス」株売却話の怪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/51826824

この記事へのトラックバック一覧です: 不可解な事実が――東電・清水社長入院は体調不良ではなく自殺未遂だった!?:

« 元広域暴力団、事件屋とタッグ!? 上場廃止になった「セイクレスト」筆頭債権者“社長”は警察、自衛隊OB | トップページ | <ミニ情報>福村元代表所有の「東理ホールディングス」株売却話の怪 »