« <お知らせ>6月11日、全国で反原発行動 | トップページ | <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第17回)「1971年とジェーンフォンダ」 »

2011.06.07

「武富士」のスポンサーになった韓国の消費者金融会社「A&Pファイナンシャル」の正体

 昨年9月、会社更生法の適用を申請し破たんした消費者金融元大手「武富士」(東京都新宿区)のスポンサーに、4月27日、韓国の消費者金融会社「A&Pファイナンシャル」(ソウルス市)が決まったのはご存じの通り。裁判所の同意を得ており、順調にいけば7月中の債権者会議を経て、最終的な更正案をまとめ、営業再開となるはずだ。だが、債権者のなかには、A&Pファイナンシャル落札決定の経緯や、同社そのものに問題があるとの声も出ており、このまま順調に事が運ぶのかと不安視する向きもある。例えば入札。最終的にA&Pの他、米投資ファンド「サーベラス」、わが国消費者金融会社「Jトラスト」など4社から、管財人の小畑英一弁護士が選んだが、買収額や引き取り社員数などの条件はJトラストが一番だった。総合評価なので、直ちに違法とはいえないが、なぜ2番手(買収額は公表されていないが200億円台。Jトラストは300億円以上)のA&Pなのか? わが国の格下だったJトラストに買収されたくないという、創業家である武井一族の意向があったのでは、との観測も出ている。一方、小畑弁護士はスポンサー決定を受け5月6日に会見を持ったが、その場にA&Pファイナンシャルの社長の姿はなく、小畑弁護士は「40歳代の在日韓国人。武富士再建に情熱を持っている」とコメントしただけだった。そして深読みすれば、その理由は、いろいろ疑惑が出ているため、詮索されるのが嫌だったとも思われるのだ。その出ている疑惑の前に、A&Pについて少し解説しておこう。
 2011年6月6日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <お知らせ>6月11日、全国で反原発行動 | トップページ | <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第17回)「1971年とジェーンフォンダ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/51877496

この記事へのトラックバック一覧です: 「武富士」のスポンサーになった韓国の消費者金融会社「A&Pファイナンシャル」の正体:

« <お知らせ>6月11日、全国で反原発行動 | トップページ | <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第17回)「1971年とジェーンフォンダ」 »