« ハレンチ総務省キャリアの実名 | トップページ | 6.11原発いらないデモ――新宿アルタ前に大結集 »

2011.06.12

APFの“広告塔”を辞めていたハードラー・為末大選手

 8月の世界選手権選考も兼ねた6月11日の日本選手権・男子400M障害で、6位に終わった為末大(33)--言わずと知れた、世界選手権で2度に渡り銅メダルを獲得したハードラーだが、その新聞報道の名前の横に書かれた所属先を見て「あれっ!?」と思った。
 為末選手は、経営破たん説が出たり、子会社の東証2部上場「昭和ホールディングス」との間で架空増資疑惑が出て証券取引等監視委員会が強制調査に乗り出すなどしていることから、本紙がウォッチし続けているタイ投資ファンド「アジア・パートナーシップ・ファンド」(APF。タイ・バンコク)に長年所属していた。ところが、この時の所属先は「a-meme」となっていたからだ。確認したところ、今年2月末でAPFとの契約は切れ、4月から、自らが地元の広島に設立した陸上クラブ「a-meme」に所属していたことがわかった。ちなみに、為末選手はこの5月から広島市から「ひろしまスポーツ大使」(任期は2年)に任命されている。本紙がAPF絡みで何度も為末選手のことを取り上げて来たのは、単に所属しているだけでなく、APFの広告塔役を積極的に務めて来たと思われるからだ。
 2011年6月12日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« ハレンチ総務省キャリアの実名 | トップページ | 6.11原発いらないデモ――新宿アルタ前に大結集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/51928306

この記事へのトラックバック一覧です: APFの“広告塔”を辞めていたハードラー・為末大選手:

» 銀行金利の2119倍“今後50年語り継がれる伝説の投資ファンド” [銀行金利の2119倍“今後50年語り継がれる伝説の投資ファンド”]
銀行金利の2119倍、10大リスクを限りなく低くした資産増大法 [続きを読む]

受信: 2011.06.16 21:30

« ハレンチ総務省キャリアの実名 | トップページ | 6.11原発いらないデモ――新宿アルタ前に大結集 »