« 新日鐵もーー釜石市の震災復興利権でも暗躍する「パシコン」 | トップページ | 上場廃止になった「セイクレスト」の筆頭債権者「シールド」、詐欺商法の決定的証拠 »

2011.06.21

<新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第18回)「映画『マイ・バック・ページ』=1971年の思い出」

 観てきましたよ、『マイ・バック・ページ』。良いとこも不満なとこもいろいろあるけど、あの時代を知らない若い監督、脚本(30代)のセンスと感性は、団塊の世代ノリよりは新鮮ではあった。前回も書いたように、激動の年の割には、意外に見落とされている1971年、こちとら高校2~3年生で映画で描かれている「事件」については、何とも不可解というか、映画のなかの『週刊東都』のカバーガール(忽那汐里)が主人公に吐いたセリフを真似すれば、何とも「いやな感じ」がしたことが記憶に残っている。ちなみにこのカバーガールは実在のモデルがいて、川本の原作の中でも描かれているが、少女時代からモデル、タレントだった保倉幸恵。彼女は1970~71年の2年間『週刊朝日』のカバーガールに起用され、「今週の幸恵」という味わい深いミニコラムも書き、その後、1975年に鉄道自殺する。同じ1953年生まれ、そういえばなあって記憶が甦ってくる。映画では登場シーンも少なく、事件とも無関係なのだが、実は重要な役回りなのだ。一つは、彼女が妻夫木聡扮する沢田(川本のモデル)と映画に行くシーン。映画は、当時後期ニューシネマとして評判の『ファイブ・イージー・ピーセス』(1970年米映画、日本公開1971年、ボブ・ラフェルスン監督、ジャック・ニコルスン主演、今は亡き飯田橋佳作座で観たよ。)で、終わったあとに、沢田は彼女に、「つまらなかったね」と(どうせ高校生の小娘が、こんな暗い映画好みじゃないだろうって感じで)言うと、彼女は意外にも「よかった」と、しかも男が泣くところが良いのだと、『真夜中のカーボーイ』のダスティン・ホフマンと併せて誉めるのだ(このシーンはラストの伏線になっている)。ここはなぜ『ファイブ~』なのかがドンピシャとくるんだ。これが団塊世代の作り手ならば『イージーライダー』や『いちご白書』あたりを持ってくるのだろうが、それじゃダメなのよ。
 2011年6月21日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 新日鐵もーー釜石市の震災復興利権でも暗躍する「パシコン」 | トップページ | 上場廃止になった「セイクレスト」の筆頭債権者「シールド」、詐欺商法の決定的証拠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/52008174

この記事へのトラックバック一覧です: <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第18回)「映画『マイ・バック・ページ』=1971年の思い出」:

« 新日鐵もーー釜石市の震災復興利権でも暗躍する「パシコン」 | トップページ | 上場廃止になった「セイクレスト」の筆頭債権者「シールド」、詐欺商法の決定的証拠 »