« APFの「昭和ホールディングス」への8億円償還のカラクリ | トップページ | あのオウム・村井元幹部刺殺犯の震災援助活動にも当局が注目 »

2011.05.28

押尾事件余波で売上高減、赤字でーーあのPJ野口社長が実質、解任へ

 押尾事件で女性が亡くなった東京・六本木ヒルズの部屋を貸していたことから、事情聴取も受けた女性用下着メーカー大手「ピーチ・ジョン」(PJ。宮城県仙台市)の野口美佳社長が、近く社長を辞任することがわかった。
5月13日、東証1部、婦人下着トップの「ワコールホールディングス」(京都市)は11年3月期の連結決算短信を発表したが、同日、大阪市内で行った会見で、同社の塚本能交社長が明らかにしたもの。6月末のワコールHDの定時株主総会での承認を持って正式に決まる。後任には、ワコールHD副社長で、PJ会長兼務の川中英男氏が就くとみられる。本紙でも既報のように、PJはそもそもは独立した会社だった。
 2011年5月28日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« APFの「昭和ホールディングス」への8億円償還のカラクリ | トップページ | あのオウム・村井元幹部刺殺犯の震災援助活動にも当局が注目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/51794369

この記事へのトラックバック一覧です: 押尾事件余波で売上高減、赤字でーーあのPJ野口社長が実質、解任へ:

« APFの「昭和ホールディングス」への8億円償還のカラクリ | トップページ | あのオウム・村井元幹部刺殺犯の震災援助活動にも当局が注目 »