« 「コンピュータ監視法」、本日午前、衆院法務委員会を可決 | トップページ | 不可解な事実が――東電・清水社長入院は体調不良ではなく自殺未遂だった!? »

2011.05.31

元広域暴力団、事件屋とタッグ!? 上場廃止になった「セイクレスト」筆頭債権者“社長”は警察、自衛隊OB

 本紙は先日、5月20日を持ってジャスダック上場廃止になった不動産会社「セイクレスト」(大阪市中央区)に食い込んでいた鹿児島人脈(元広域暴力団組長と事件屋)について取り上げた。セイクレストが上場廃止になったのは5月2日に破産開始決定となったからだが、その筆頭債権者である「天成ホールディングス」(東京都中央区)なる会社と、クロマグロの詐欺疑惑会社「シールド」(鹿児島市)は極めて親しい関係にあり、そのシールド社長が元広域暴力団組長だったのだ。(実はシールドは天成ホールディングスの100%子会社だった)。こうした事実だけでも驚きだが、何と天成ホールディングスの社長は航空自衛隊と鹿児島県警OBだったことが、天成ホールディングスの会社パンフよりわかった。今日日、(元)暴力団と(元)警官が連むことは決して珍しくないとはいえ、こうした事実が具体的に表面化するのは稀だろう。ちなみに原野徹雄社長、シールドの総務部経理課長も兼務している。ところで、シールドのクロマグロ詐欺疑惑に関しては、芸能界ではかなり知られた芸能プロダクション社長も深く関与していることもわかったので、以下、報告する。
 2011年5月31日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



|

« 「コンピュータ監視法」、本日午前、衆院法務委員会を可決 | トップページ | 不可解な事実が――東電・清水社長入院は体調不良ではなく自殺未遂だった!? »