« また株主代表訴訟を起こされた「インボイス」 | トップページ | <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第14回)「スーちゃんと『黒い雨』と放射能」 »

2011.04.26

<主張>東日本大震災を機に原発のない社会実現へ

 東日本大震災による巨大地震と津波のダブルパンチで、福島原発が歴史的な放射能漏れ事故を起こしているのはご存じの通り。そのため、原発周辺に住む方が避難を余儀なくされている。直ちに人命に関わることはないといっても、住み慣れた土地を追われ、仕事を奪われ、人間関係をズタズタにされている。人間だけではない。置き去りにされた家畜や犬、猫が餓死しているという。それにも関わらず、東芝を始めとする原発メーカーも東電も、国も未だに原発の見直しをしない。広告費をもらっている大手マスコミも同様だ。そして、この大手マスコミなどに洗脳された国民は、「原発がなければ電気が足りない」という虚偽情報を信じ込まされ、沈黙を守っている。こうしたなか、反原発を訴えた保坂展人氏が世田谷区長に当選したことは本当に画期的なことだ。世田谷区民に敬意を表したい。単純明快な話で、一度事故があれば、すべての生き物の生命を脅かすような危険なものを、便利さと引き換えに使ってはならないのだ。まして、わが国は狭い国土のほとんどに活断層(+プレート)が走る。しかも、冷却に便利ということで、原発はそんな脆弱な国土の津波が来る海岸に建てられる。今回の原発事故はいうまでもなく人災なのだ。その結果、汚染された土地は何十年も住めないこともあり得るし、内部被曝すれば生まれて来る子供にも悪影響を及ぼす。次世代にも責任を持てない代物なのだ。
2011年4月26日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« また株主代表訴訟を起こされた「インボイス」 | トップページ | <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第14回)「スーちゃんと『黒い雨』と放射能」 »

コメント

保坂変人は世田谷区長になって、反原発活動をやろうというのだろうか。
世田谷区に原発を作る計画があるのか。

投稿: 保坂変人 | 2011.04.26 19:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/51496186

この記事へのトラックバック一覧です: <主張>東日本大震災を機に原発のない社会実現へ:

« また株主代表訴訟を起こされた「インボイス」 | トップページ | <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第14回)「スーちゃんと『黒い雨』と放射能」 »