« あの階数水増し建設「ユービー」問題の陰に複数の政治家 | トップページ | プロミスが全株式200円+3億円ポッキリで「カーコンビニ倶楽部」を手放した“裏事情” »

2011.04.05

「日本広報学会」会長に就いていた東電・清水正孝社長

「日本広報学会」(本部・東京都千代田区)なる団体がある。「国際社会に通用する広報マインドの醸成に貢献する」ことなどを目的に約15年前に設立され、昨年3月現在、個人会員475名、法人会員 62社、法人登録者(代表者除く) 163名といった具合(法人は年会費1口10万円から)。福島原発事故の対応でそれどころでないということで4月1日付で会長代行が選ばれたが、それまで東京電力の清水正孝社長が会長に就いていた。清水氏は副社長時代に広報を担当。その時、旧江戸川でクレーン船が東京電力の送電線に接触し、大規模停電が発生。また、新潟県中越沖地震で柏崎原発が被害を受けるなど経験した。そして、特に後者に関しては「対応が遅かった」と記者の間でも評判が良くなかった。こうしたなか、何か期するものがあったのだろうか。だが、日本広報学会の目的は企業広報の質の向上だけではない。先に紹介したACジャパン同様、マスコミの取り込みも重要な目的のようだ。
2011年4月5日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« あの階数水増し建設「ユービー」問題の陰に複数の政治家 | トップページ | プロミスが全株式200円+3億円ポッキリで「カーコンビニ倶楽部」を手放した“裏事情” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/51305329

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本広報学会」会長に就いていた東電・清水正孝社長:

« あの階数水増し建設「ユービー」問題の陰に複数の政治家 | トップページ | プロミスが全株式200円+3億円ポッキリで「カーコンビニ倶楽部」を手放した“裏事情” »