« 転院作業中以降に患者7名死亡ーー「大森記念病院」を潰した事件屋の正体(Ⅰ) | トップページ | また株主代表訴訟を起こされた「インボイス」 »

2011.04.24

週明けからポスト「亀井静香」救国内閣成立への動きが具体化。そのシナリオとはーー。

 本紙では4月9日、「現実味を帯びて来た『亀井静香』救国内閣」なるタイトル記事を報じているが、その動きが週明けから本格化するとのことだ。本日(4月24日)を持って、4月10日投開票分も併せ、統一地方選が完全に終了する。4月10日の結果を見ても明らかなように、民主党が大負けするのは明らかだろう。そこで、小沢一郎系議員が週明けから「菅降ろし」を本格化させるのは間違いない。具体的には、25日から民主党の両院議員総会の開催に必要な署名集めを開始する。中心になるのは、小沢系の川内博史衆院議員などのようだ。総会を開催するためには、各所属議員の3分の1以上の署名が必要だが、その程度なら可能だろう。そして、当然ながら、両院総会ではこの間の菅直人首相の政治手腕の無さ、選挙大負けの責任追及がされ、菅首相の「党代表辞任」を求めるリコール運動をする戦略も浮上している。リコールには過半数以上必要だが、鳩山由紀夫前首相グループも加われば可能だ。実はこうしたシナリオはすでに水面下で錬られ、党内外の協力者への根回しも終わっているとの見方もある。
2011年4月24日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 転院作業中以降に患者7名死亡ーー「大森記念病院」を潰した事件屋の正体(Ⅰ) | トップページ | また株主代表訴訟を起こされた「インボイス」 »

コメント

投稿: もぐたん | 2011.04.26 09:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/51483212

この記事へのトラックバック一覧です: 週明けからポスト「亀井静香」救国内閣成立への動きが具体化。そのシナリオとはーー。:

» なぜ公明党?地方とのネットワークが1番大切!菅内閣駄目! [脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・]
 民主・国民新両党は,本日、参院選日程を6月24日公示で7月11日投開票とし、国民新党が求める郵政改革法案成立に向けた通常国会の大幅延長はせず、参院選後の臨時国会に先送りすることで合意したが、国民...... [続きを読む]

受信: 2011.05.10 13:58

« 転院作業中以降に患者7名死亡ーー「大森記念病院」を潰した事件屋の正体(Ⅰ) | トップページ | また株主代表訴訟を起こされた「インボイス」 »