« 「社員寮」リストが流出ーー未だ被災者に厚生施設を開放しない「東電」の官僚ぶり | トップページ | 現実味を帯びて来た「亀井静香」救国内閣 »

2011.04.09

「申入れ」を警官が阻止ーー東京電力前での「原発はいらない!」抗議行動参加者、30倍に急増!

 本紙が3月23日に取り上げた時には、参加者はわずか10名ほどに過ぎず、警戒する公安(約30名)の数の方が圧倒的に多かった。だが、その後も粘り強く続け、また、この抗議行動は官僚的体質の大企業「東京電力」が「最も嫌う本社前での取り組みを拠点にした」(67歳の参加者)こともあってか、本日(4月8日午後6時~8時30分)の参加者は約300名と、確実にその輪は拡がっている。参加者はこの本社前抗議を呼びかけた園良太氏(フリーター)を中心に老若男女様々。東電本社前に集まり、東電に直接抗議するとともに、「申し入れ書」を渡すというものだ。
以下、この日の代表的な参加者の生の声(要旨)を紹介する。「早く私たちを安心させてくれ。安全だ安全だといってきた東電は事態を収拾する責任があるんだ」(若い男性)。「東電の社長よ、あんたこそ福島の現地に行って汗を流すべきだ」「今すぐ原発をとめろ」「電気や金儲けより、命が大事だ!」(複数のミュージシャンが、歌詞で)。「原発はコストが安い、と東京電力のホームページには載っているが、実際には石油より高い。人の命を奪わない、安い電力を供給してくれ」(自称、電力ヘビーユーザーの男性)。
 2011年4月8日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「社員寮」リストが流出ーー未だ被災者に厚生施設を開放しない「東電」の官僚ぶり | トップページ | 現実味を帯びて来た「亀井静香」救国内閣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/51338081

この記事へのトラックバック一覧です: 「申入れ」を警官が阻止ーー東京電力前での「原発はいらない!」抗議行動参加者、30倍に急増!:

« 「社員寮」リストが流出ーー未だ被災者に厚生施設を開放しない「東電」の官僚ぶり | トップページ | 現実味を帯びて来た「亀井静香」救国内閣 »