« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(307)商社系トップのスキャンダル | トップページ | 「昭和ホールディングス」株のインサイダー取引疑惑 »

2011.04.15

<新連載>元「フライデー」名物記者・新藤厚の「往事茫々日記」第16回「東日本大震災と敗戦(下)」

 少し長くなるが「原発」に関して記しておく。愚老は昔から「原発黙認派」できた。団塊世代にははじめて観た映画が『第五福竜丸』という人間が少なくない。小学校で全員で観に行ったからだ。日教組の教諭に戦後民主主義と「核アレルギー」の教育も受けた世代である。そして長じて「反核」の欺瞞を知る。原水禁、原水協の分裂以降、この国の「反核運動」はイデオロギーという「正義信仰」で堕落した。少年はそこに生理的な嫌悪感を感じた。かって中上健次は「原爆作家」の林京子を「原爆ファシスト」と呼んで世の糾弾を受けた。反核は理屈抜きに「正義」だったのだ。原発推進派と反対派の間には正と邪の不毛な二元論ばかりが半世紀もつづいた。原発は電気を作る科学技術のプラントである。安全性の検証はあってもイデオロギーとは無縁なはずである。そんな常識が通用しなかったのは唯一の被爆国といういびつな「被害者心理」もあった。国は原発推進を国策として決定し建設地の行政や東大原子力工学科の「御用学者」を補助金というアメで取り込み「絶対安全神話」を形成していく。いまテレビにでてくる「専門家」はすべて御用学者である。議論の成り立たない不毛な蛸壺が「原子力村」という虚妄である。もう四〇年ほど前になるが昭和四〇年代の後半、青森六ヶ所村でむつ小川原開発が始まった頃、取材に行って魂消た。いまは使用済み核燃料再処理工場などが集結するいわゆる「核のゴミ捨て場」(不思議なことにいつまでたっても本稼働しない)だが、当初からその計画だったのだろうか、記憶は霞んでいる。何もない風の強い荒涼とした土地だった。そこに用地買収と漁業補償の国のカネが天から降ってきた。そこで見たのはいくつかのプレハブ造りの「キャバレー」で一万円札をホステスにバラ巻くグロテスクな狂瀾だった。万札で洟をかんでポイと捨てたオヤジもいた。海を棄てた漁民の正視に耐えない醜態を見た。人心などあっという間に荒廃することを知った。バブルの二〇年も前の話だ。四、五年前に六ヶ所村を通ったときいくつものゴテゴテと飾り立てたキンピカ「核御殿」を見たが、その醜悪さは変わらない。何を得て何を失ったのか。原発に常につきまとう疑問の原体験となった。
 2011年4月15日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(307)商社系トップのスキャンダル | トップページ | 「昭和ホールディングス」株のインサイダー取引疑惑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/51394328

この記事へのトラックバック一覧です: <新連載>元「フライデー」名物記者・新藤厚の「往事茫々日記」第16回「東日本大震災と敗戦(下)」:

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(307)商社系トップのスキャンダル | トップページ | 「昭和ホールディングス」株のインサイダー取引疑惑 »