« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(299)東日本大震災による銀行融資面の影響 | トップページ | 政府も東電も大手マスコミもハッキリ報じないーー福島原発3号機は「MOX燃料」故の危険性 »

2011.03.17

築地市場移転絡みで注目の東卸理事長選ーー緊急事態と暫定理事長選出

 東京都が強行に進める豊洲への築地市場移転に弾みが付きかねないということで注目の「東京魚市場卸協同組合」(東卸)の理事長選だが、本紙既報のように、そのための6度目の理事会が3月14日に開催され、緊急事態ということで、中村昭夫氏が暫定的に理事長になることが決まった。緊急事態というのは、3月11日に発生した東日本大震災を指す。冒頭、司会を務める伊藤宏之理事長(理事長が決まるまでの暫定理事長)は震災犠牲者への黙とうをささげることを言い出し、その後、このような緊急事態なので、自分と、理事長候補の伊藤淳一副理事長(移転推進派)、山崎治雄理事(移転反対派)の3人だけによる話し合いで決めさせてもらえないかと提案。これに対し、移転反対派の町山順一監事が、後で揉めるといけないので自分も同席させるように要求したが伊藤理事長はこれを拒否。そして3人の話し合いに入ったが、両候補とも辞退したとして、中村氏を1カ月間だけ(4月15日まで)の暫定理事長に選んだ。もっとも、暫定といえば、すでに伊藤理事長自身がそうであり、わざわざ選ぶ必要もないと思うのだが、関係者によれば、これにはこんな理由があったようだ。
 2011年3月17日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(299)東日本大震災による銀行融資面の影響 | トップページ | 政府も東電も大手マスコミもハッキリ報じないーー福島原発3号機は「MOX燃料」故の危険性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/51147472

この記事へのトラックバック一覧です: 築地市場移転絡みで注目の東卸理事長選ーー緊急事態と暫定理事長選出:

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(299)東日本大震災による銀行融資面の影響 | トップページ | 政府も東電も大手マスコミもハッキリ報じないーー福島原発3号機は「MOX燃料」故の危険性 »