« <主張>福島原発半径30㎞自主避難の意味するもの | トップページ | 本紙指摘通りの事態にーー「日テレ」グループのドン・氏家齋一郎氏が死去(後継者は誰?) »

2011.03.27

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(304)あの「DPGホールディングス」の絶体絶命

 セントレックス上場の「DPGホールディングス」(本社・東京都渋谷区。松田純弘社長)をご記憶だろうか。旧名「データプレイス」。怪しげな連中が資金繰り絡みで介入し、上場廃止になった「モック」の金融子会社が第3者割当増資を引き受けたり、怪しい会社と提携するなど、以前から本紙では注目していた会社だ。極めつけは、塀の中に落ちた篠原猛被告に食い込まれ、上場廃止になった「春日電機」絡みだった。篠原被告が経営権を握って以降、春日電機はDPGHから無線クレジット決済端末機を購入したとして2億円を支払ったが、これはまったくの架空取引だった模様。DPGHには詐欺の片棒を担いでいた疑惑が出ていたからだ。ところが、その後もDPGHはあっと驚くようなことをやってくれた。無線クレジット決済端末機を納品したとされるように、DPGHは当時はIT系企業に分類されたが、その後、資本関係が変わるなかで、何と宅配中華事業の会社に変身。まったく業態が違ったのだ。そのため、裏口上場違反抵触で上場廃止猶予機関入りもしたが、その前に時価総額が上場基準を下回り、この3月末にも上場廃止になるところだった。もっとも、今後の事業展開などについて記載した書面を名証に出した場合は半年猶予期間が延びるということで、DPGHはこの3月25日にその書面を提出した。で、その書面に、今後業績が向上し、株価上昇が見込める説得力があればいいのだが……。
2011年3月27日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <主張>福島原発半径30㎞自主避難の意味するもの | トップページ | 本紙指摘通りの事態にーー「日テレ」グループのドン・氏家齋一郎氏が死去(後継者は誰?) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/51233646

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(304)あの「DPGホールディングス」の絶体絶命:

« <主張>福島原発半径30㎞自主避難の意味するもの | トップページ | 本紙指摘通りの事態にーー「日テレ」グループのドン・氏家齋一郎氏が死去(後継者は誰?) »