« 逮捕された「ホッコク」前社長と、疑惑のタイ投資ファンド「APF」との深い関係(続) | トップページ | 築地市場移転絡みで注目の東卸理事長選ーー4度目も同数で決まらず。総会招集は拒否 »

2011.03.02

シティグループ証券との信託受益権売買巡るトラブル

「シティグループ証券」(東京都千代田区)といえば、米国最大の金融コングマリットであるシティグループ(東証にも上場している)傘下の法人向け投資銀行だ。とはいえ、わが国においては違法またはエゲつない商売を度々行い、その評価は決して高くないが、またまた本紙の元には、そのようなトラブルの情報が入って来たので報告しておく。今回は、不動産の信託受益権売買を巡るものだ。被害を主張する者を、仮にA社としておこう。A社は都内は大森と浜松町に所有する不動産の信託受益権をB社に売買することとし、両者の間で06年10月に契約が結ばれ、B社は内金の50億円をA社に支払った。ところが、その後、B社は売買の1年延期を提案し、その1週間後には売買の中止と内金の返還を求めて来たという。困ったのはA社。すでに50億円の一部は他の事業資金に使っていたからだ。詳細は後述するが、A社社長の知らないところで、この内金50億円につき準消費賃借契約が結ばれ、信託受益権売買対象の不動産には根抵当権が設定されており、B社はこれに基づき09年1月に競売申立を行い、翌00年3月にB社は自己競落。買受代金は43億円と50億円の債権を下回っていたため、民事執行法の規定により代金を納付する必要がなく、結果、B社は50億円で、信託受益権でも130億円以上の価値のある不動産を手に入れてしまったというのだ。さて、この件でどこにシティグループ証券が関与しているかというと、B社は50億円の内35億円をシティから調達していたのだ。そして、むろんそれだけではなかったから今回、A社は訴えるとしている。
2011年3月1日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 逮捕された「ホッコク」前社長と、疑惑のタイ投資ファンド「APF」との深い関係(続) | トップページ | 築地市場移転絡みで注目の東卸理事長選ーー4度目も同数で決まらず。総会招集は拒否 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/51008488

この記事へのトラックバック一覧です: シティグループ証券との信託受益権売買巡るトラブル:

« 逮捕された「ホッコク」前社長と、疑惑のタイ投資ファンド「APF」との深い関係(続) | トップページ | 築地市場移転絡みで注目の東卸理事長選ーー4度目も同数で決まらず。総会招集は拒否 »