« 関係者が証言ーー福島原発現場の放射線量は公表値の10倍!? | トップページ | ヤクザも大震災被災地支援(一方、国会議員は「計画停電」で不穏な情報も) »

2011.03.30

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(305)「アトリウム」案件で東京地検特捜部が動くも、不可解な不起訴処分で決着!?

「アトリウム」といえば、東証1部に上場していた不動産会社ながら、デタラメな融資の挙句、債務超過に陥ったものの、親会社の同じく東証1部、大手ノンバンク「クレディセゾン」(東京都豊島区)が救済に乗り出し、上場廃止になったものの、破綻ではなく、クレディの完全子会社にすることで生き残った。その間、本紙はこのアトリウムのデタラメな融資実態を具体的に指摘、また社長の高橋剛毅氏の責任も追及して来た。このアトリウムにつき、東京地検特捜部が捜査に乗り出し、告訴内容のスジは決して悪くなかったにも拘らず、途中から上が方向転換、その結果、不起訴に終わったとの情報が一部関係者の間で話題になっている。その根拠になっているのは、今年3月、金融庁に出されたとされるある「報告書」の存在。
 2011年3月29日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 関係者が証言ーー福島原発現場の放射線量は公表値の10倍!? | トップページ | ヤクザも大震災被災地支援(一方、国会議員は「計画停電」で不穏な情報も) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/51251508

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(305)「アトリウム」案件で東京地検特捜部が動くも、不可解な不起訴処分で決着!?:

« 関係者が証言ーー福島原発現場の放射線量は公表値の10倍!? | トップページ | ヤクザも大震災被災地支援(一方、国会議員は「計画停電」で不穏な情報も) »