« <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第12回)「放射能の恐ろしさを描いた映画なら、これ」 | トップページ | あのファンド詐欺疑惑「JPB」磯辺裕樹元代表の“連絡先”になっていたヤメ検弁護士 »

2011.03.31

株式会社なのに警官常駐ーーこれが東電トップ・勝俣恒久会長の超豪邸

 東京電力は3月30日、清水正孝社長(66)が体調不良のため緊急入院したと発表した。
当面は勝俣恒久会長(71)が社長職を代行するという。日を追ってますます深刻さを増す福島原発の放射能漏れ事故だが、その根本原因として、首都圏の電力供給独占=国策企業状態のなか、本来はそれ故に一層、万一事故の際の影響を考え、慎重にも慎重を期さなければならないところ、逆にその状態に胡座を掻き、危機管理意識が乏しかった点にあることは、今回事故が見事に証明しているだろう。
こうしたなか、本紙は本日、勝俣会長の自宅を覗いて来た。その自宅は、まさにこの東電の奢れる体質を象徴するような超豪邸だった(以下に写真掲載)。そして、その自宅前に簡易詰め所があり、警官が24時間体制で警備にあたっているではないか。現場の警官に尋ねると、今回の福島原発事故発生以降、この状態だという。確かに、これだけの事故を招けば、会長宅に押しかける者がいてもおかしくないだろうが、いま風にいえば、それはまさに「自己責任」。そして、東電はあくまで一民間企業に過ぎない。その会長宅をなぜ、我々の税金で守らなければならないのか? その一方で、本日、東電と原子力安全・保安院に抗議の申し入れ行動をした学生3名が、警視庁公安部に逮捕されている。何とも腑に落ちないのは、本紙だけだろうか。その勝俣会長は東京大学経済学部卒業と同時に東京電力へ。96年6月に取締役企画部長。02年10月から08年6月まで社長を務め、以降、会長に。
2011年3月31日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第12回)「放射能の恐ろしさを描いた映画なら、これ」 | トップページ | あのファンド詐欺疑惑「JPB」磯辺裕樹元代表の“連絡先”になっていたヤメ検弁護士 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/51265453

この記事へのトラックバック一覧です: 株式会社なのに警官常駐ーーこれが東電トップ・勝俣恒久会長の超豪邸:

« <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第12回)「放射能の恐ろしさを描いた映画なら、これ」 | トップページ | あのファンド詐欺疑惑「JPB」磯辺裕樹元代表の“連絡先”になっていたヤメ検弁護士 »