« ヤクザも大震災被災地支援(一方、国会議員は「計画停電」で不穏な情報も) | トップページ | 株式会社なのに警官常駐ーーこれが東電トップ・勝俣恒久会長の超豪邸 »

2011.03.31

<新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第12回)「放射能の恐ろしさを描いた映画なら、これ」

 3月11日以降はしばらく、さすがに思考も仕事もはかどらなかったが、腹の立つこと多く、言いたいことも山ほどあるが、ここは連載にふさわしいことを書かなくてはなりません。そんなわけで、ホットな話題に引きつけて、放射能の恐ろしさを描いた映画を考えてみた。といえば、第3次世界大戦=核戦争ものか、核戦争後の未来社会SFか、ヒロシマ・ナガサキか、ゴジラおよび突然変異怪獣ものか、原発事故か、などなど、そうなるとあの映画、この映画があとからあとから湧いてくる。そこで特に気に入っている、あまり知られていない映画を紹介しよう。特に、進行中の現実のなかで見れば一段と戦慄するだろうと思うイチ押しは、『魚が出てきた日』(1967年 イギリス・ギリシャ合作 マイケル・カコニヤス監督)。舞台はギリシャあたりの観光客が群れる海岸の町、ここに放射能物質を積んだ米国の飛行機が不時着。その危険な「箱」が住民たちに拾われてしまい、それを必死で探す乗組員らとのすったもんだの、すれ違いドラマがおとぼけコメディ調で展開する。併行して観光客は飲んで踊ってばかりで、このテの映画にありがちな深刻な社会告発とか、サバイバルサスペンス的な要素も乏しく、これは軽薄な脱力コメディではないかと誰しも思うに違いない。ところが、クライマックスで、一気に凍りつく。
 2011年3月31日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« ヤクザも大震災被災地支援(一方、国会議員は「計画停電」で不穏な情報も) | トップページ | 株式会社なのに警官常駐ーーこれが東電トップ・勝俣恒久会長の超豪邸 »

コメント

シャネルバッグ、財布の専門店
シャネル 新作 2011、 http://www.cheapforbags.com/
シャネル バッグ、 http://www.cheapforbags.com/
シャネル 財布、http://www.cheapforbags.com/
激安、安心、安全にお届けします.品数豊富な商
スピードを発送するのは速い!
税関没収する商品は再度無料で発送します。
当店のURL:http://www.cheapforbags.com/
メールアドレス:sales@cheapforbags.com

投稿: シャネル 新作 2011 | 2011.05.16 10:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/51263770

この記事へのトラックバック一覧です: <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第12回)「放射能の恐ろしさを描いた映画なら、これ」:

« ヤクザも大震災被災地支援(一方、国会議員は「計画停電」で不穏な情報も) | トップページ | 株式会社なのに警官常駐ーーこれが東電トップ・勝俣恒久会長の超豪邸 »