« <お知らせ>「ストレイ・ドッグ」番外編を始めました | トップページ | 後援会関係者が改めて証言ーー「八百長を全廃したら大相撲は成り立たない」 »

2011.02.05

<新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第9回)「中年御三家と1974年」

 先日、珍しく「徹子の部屋」を見ていたら、35周年スペシャル企画として、加藤武、小沢昭一、永六輔の3人がゲストに登場。3人とも、すっかり爺さんになってしまったが、その爺さんぶりがなかなかいい(黒柳徹子の婆さんぶりもキュートである)。考えてみれば、月曜から金曜まで、家で仕事をしているときは必ず聴いてるTBSラジオで、「小沢昭一的こころ」はもう38年、永六輔の「誰かとどこかで」は実に44年になるのだった。そこで、思い出したのは小生がまだ青春真只中の学生時代、1974年には、中年御三家(小沢昭一、永六輔、野坂昭如)のコンサートに、1976年には、「小沢昭一的こころ」の記念イベント(このときに上映された小沢主演映画が『大当たり百発百中』『ネオン太平記』)に行ったことだ。この中年御三家というのは、当時40代だった(いまどきの40代とは違って戦中体験もあってか老けていた印象)3人が、たまたま歌のほうも才能があって、おまけに話も面白く、なかでも野坂はこの年に参院選に出馬するなど、硬軟とりまぜての大スターだったこともあって、武道館が満員になったりしたのだ。こちとらが出向いたのは、学習院大学の学園祭で、ピラミッド校舎と呼ばれる大講堂が超満員だった。しかし、この1974年という年は、ドラマチックな年だった。
2011年2月4日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <お知らせ>「ストレイ・ドッグ」番外編を始めました | トップページ | 後援会関係者が改めて証言ーー「八百長を全廃したら大相撲は成り立たない」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/50778220

この記事へのトラックバック一覧です: <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第9回)「中年御三家と1974年」:

« <お知らせ>「ストレイ・ドッグ」番外編を始めました | トップページ | 後援会関係者が改めて証言ーー「八百長を全廃したら大相撲は成り立たない」 »