« 後援会関係者証言ーー「今回疑惑は氷山の一角。横綱もやってるし、片八百長もある」 | トップページ | <お知らせ>「ストレイ・ドッグ」番外編を始めました »

2011.02.03

破たんした旧「明治建物」社長の“隠し海外不動産”

 1月14日、上場廃止になった「アトリウム」や、ジャスダック上場「NFKホールディングス」も食っていた不動産会社、旧・「明治建物」(現「FIELD」。大阪市天王寺区)に破産開始決定が出たことは本紙でも既報の通り。以前から、関係者の間ではいわくつきのところとして有名で、本紙はすでに税理士と組んで取引先企業の決算を粉飾し、脱税していた疑惑を報じているが、案の定というべきか、原田秀雄社長は海外に複数の不動産を隠し持っている疑惑が、関係者の証言などにより新たに浮上したので、以下、報告しておく。関係者によれば、原田氏は取引先に手数料を払い、別名義で複数の高級物件を所有しているという(以下に、その“隠し物件”の写真を掲載)。
 2011年2月3日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 後援会関係者証言ーー「今回疑惑は氷山の一角。横綱もやってるし、片八百長もある」 | トップページ | <お知らせ>「ストレイ・ドッグ」番外編を始めました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/50767665

この記事へのトラックバック一覧です: 破たんした旧「明治建物」社長の“隠し海外不動産”:

« 後援会関係者証言ーー「今回疑惑は氷山の一角。横綱もやってるし、片八百長もある」 | トップページ | <お知らせ>「ストレイ・ドッグ」番外編を始めました »