« NESTAGE疑惑でも関わりある「マスター証券」に業務停止命令 | トップページ | 「ドン・キホーテ」の客を客とも思わない、万引き警備の異常さ(上) »

2011.02.18

本紙疑惑指摘の「TLホールディングス」、銀行口座差押え、決算開示不可に

 新ジャスダック上場のIT系企業「TLホールディングス」(東京都文京区)は2月16日、「健康保険組合からの当社保有の銀行口座の差押えに関するお知らせ」と「平成22年度12月期決算短信の開示時期に関するお知らせ」の2つのIRを相次いで出した。まず、差押えの方だが、その債務額はわずか59万9000円。ところが、これが払えず、差押え解除の目処が立っていないという。一方、決算開示の方が、本紙でも既報の前社長が中国の子会社を独断で売却した件に加え、大阪証券取引所から複数の項目について調査依頼があり、その結果次第では決算に重要な影響を及ぼす可能性もあるため、期末50日内の開示を断念せざるを得なかったということだ。
 2011年2月18日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« NESTAGE疑惑でも関わりある「マスター証券」に業務停止命令 | トップページ | 「ドン・キホーテ」の客を客とも思わない、万引き警備の異常さ(上) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/50904467

この記事へのトラックバック一覧です: 本紙疑惑指摘の「TLホールディングス」、銀行口座差押え、決算開示不可に:

« NESTAGE疑惑でも関わりある「マスター証券」に業務停止命令 | トップページ | 「ドン・キホーテ」の客を客とも思わない、万引き警備の異常さ(上) »