« 新手の地上げ手口もーー「武富士」、問題の“京都3物件”入札は不成立に | トップページ | <新連載>元「フライデー」名物記者・新藤厚の「往事茫々日記」第13回 大相撲八百長問題と三浦事件(続き) »

2011.02.12

<*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第130回 エリカに翻弄された芸能マスコミ、高城氏、エイベックスらのアホバカ騒動」

 本連載でも以前、取り上げたことがある、エイベックスも巻き込んでの、沢尻エリカ(24)と高城剛氏(46)の離婚騒動ーー1月にエリカはスペインから帰国、1月23日、CMに出ている、たかの友梨の「第20回シンデレラ大会」にエリカはプレゼンテーターとして登場、その後、会見を行ったが、その席でエリカは「(夫とは)離婚で合意しました」と発言したものだから、芸能マスコミはひっくり返った。そりゃそうだろう。「この間、ワイドショーで映し出されたスペインのアパートは高城氏とエリカの共有名義で、昨年の10月からそこで2人は暮らし、日本に帰国するその日まで一緒だったんですよ。それが、まさか離婚で合意などという言葉を聞こうとは想像もしていなかったですから」(会見に出た芸能記者)。これが15、6歳の乙女ならわかるが・・・すれっからし、いや、体はすれっからしでも頭(知能)はまだ乙女か?冗談は抜きにして、この「離婚に合意」の発言を日本のマスコミから知らされ、一番驚いたのは、しかし、スペイン在住の夫・高城氏だっただろう。各スポーツ紙や週刊誌で高城氏は、「離婚合意と勝手に発表されて、正直驚いています。今日の話は、また(昨年の離婚宣言以来の)寝耳に水です。話がコロコロ変わるので、もう面倒見切れません。テレビのワイドショーで放送されたということなので、ご存知と思いますが、つい先日まで一緒に暮らしていたんですからね」と、複雑な心境を明かしている。それにしても面白い女である。母親のリラさんも、マスコミの自宅取材に対し、「別れても好きな人」をインターフォン越しに歌い出したこともあったが、やはりたいしたタマである。この会見の数日前、リラママは自宅前に張り込む記者やカメラマンに1人一個ドラ焼きをプレゼントしているし、エリカ自身も会見2日前に、ママを見習ったように手作りチョコレートを自宅前のマスコミにプレゼントしてご機嫌をとっている。
2011年2月11日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 新手の地上げ手口もーー「武富士」、問題の“京都3物件”入札は不成立に | トップページ | <新連載>元「フライデー」名物記者・新藤厚の「往事茫々日記」第13回 大相撲八百長問題と三浦事件(続き) »

コメント

死ね詐欺師高城の仲間
死ね

投稿: hor | 2011.02.12 04:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/50844097

この記事へのトラックバック一覧です: <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第130回 エリカに翻弄された芸能マスコミ、高城氏、エイベックスらのアホバカ騒動」:

« 新手の地上げ手口もーー「武富士」、問題の“京都3物件”入札は不成立に | トップページ | <新連載>元「フライデー」名物記者・新藤厚の「往事茫々日記」第13回 大相撲八百長問題と三浦事件(続き) »