« <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第10回)「ハンパじゃなかった東京の大雪」 | トップページ | 本紙疑惑指摘の「TLホールディングス」、銀行口座差押え、決算開示不可に »

2011.02.17

NESTAGE疑惑でも関わりある「マスター証券」に業務停止命令

 金融庁は2月10日、「マスター証券」(東京都中央区)に対し、6カ月の業務停止(同日から8月9日まで)と改善命令を出した。業務停止の対象は、ファンド関連業務(顧客取引の終了業務は除く)などの第2種金融商品取引業。登録が必要なファンド(出資が50名以上)にも拘わらず無登録で投資運用を行ったり、分割管理を確保してなかったため。このマスター証券、実は本日お伝えした、NESTAGEの疑惑の不動産現物出資による増資にも関わりがある。というのは、疑惑の3物件でNESTAGEの増資を引き受けたのは「クロスビズ」(東京都中央区)なる会社だが、実はこうしてクロスビズが所有したNESTAGE株(約66%=新株予約権の潜在分も含む)はほどなく全部、「カムレード投資事業有限責任組合」(東京都中央区)に譲渡されたが、同組合の住所はマスター証券と同じどころか、同組合の代表者は小谷昭徳マスター証券代表だったからだ。それどころか、こんな情報もある。
 2011年2月17日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第10回)「ハンパじゃなかった東京の大雪」 | トップページ | 本紙疑惑指摘の「TLホールディングス」、銀行口座差押え、決算開示不可に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/50900299

この記事へのトラックバック一覧です: NESTAGE疑惑でも関わりある「マスター証券」に業務停止命令:

« <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第10回)「ハンパじゃなかった東京の大雪」 | トップページ | 本紙疑惑指摘の「TLホールディングス」、銀行口座差押え、決算開示不可に »