« <ミニ情報>墓地撤去問題、大手マスコミも取材に動く | トップページ | 特許庁疑惑キーマン――豪遊をして去った、「東芝ソリューション」梶川茂司前社長 »

2011.01.18

「春日電機」乗っ取りで、篠原容疑者と共闘していた鹿内宏明氏Jの収支決算

 当時、東証2部に上場していた「春日電機」を乗っ取ったものの、1月12月、会社法違反(特別背任)容疑で篠原猛元社長(53)らが逮捕されたのは本紙でも既報の通り。大手マスコミではまったくというほど報じられていないが、この乗っ取りは、「フジTV」、「産経新聞」も含めてフジサンケイグループのトップに君臨していた鹿内宏明氏の長男・鹿内隆一郎氏(37。シンガポール在住)の関与無しにはあり得なかった。なぜなら、篠原容疑者は自己資金がほぼ皆無。春日電機の株式約40%を買い占めて経営権を握ったわけだが、その内の20・3%は鹿内氏が代表を務める「グローバックスホールディングス」(本社・英国領ヴァージン諸島)が所有、また、篠原氏が率いる「アインテスラ」が保有した18・2%の約3分の2もグローバックス社からの借金で購入したものだったからだ。鹿内氏の投資額は計10億円を超えていた。その鹿内氏、オックスフォード大卒後、メリルリンチに入社しM&Aを担当。その後、独立し、投資事業を行っているとされる。春日電機を08年6月に乗っ取った後、篠原容疑者、今回一緒に逮捕された大槻洋容疑者と共に木村慶氏なる人物が3カ月ほど役員に就いていたが、彼は鹿内氏とは小学校時代からの親友とのことだ。もっとも、鹿内氏の名誉のために言っておくと、ほどなく篠原容疑者の正体を知り、やばいと思い共闘を止めている。果たして、その収支決算はどうだったのか。
 2011年1月18日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <ミニ情報>墓地撤去問題、大手マスコミも取材に動く | トップページ | 特許庁疑惑キーマン――豪遊をして去った、「東芝ソリューション」梶川茂司前社長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/50617625

この記事へのトラックバック一覧です: 「春日電機」乗っ取りで、篠原容疑者と共闘していた鹿内宏明氏Jの収支決算:

« <ミニ情報>墓地撤去問題、大手マスコミも取材に動く | トップページ | 特許庁疑惑キーマン――豪遊をして去った、「東芝ソリューション」梶川茂司前社長 »